市川土壌再利用センター/横浜土壌再利用センター
【五洋建設株式会社 様 導入事例】

車両と土壌重量の結びつけを自動化。
トラックスケール業務を効率化し、トータルコストを削減!

導入の背景

五洋建設株式会社様が運営する市川、及び横浜土壌再利用センターでは、建設現場などで発生した土壌や、汚染土を再利用するための処理を行っています。

センターでは、どのトラックがどのくらいの量の土壌を持ち込んだかを把握する必要があります。トラックの到着時に予約情報と照合して車両を識別し、土壌の計量をおこない、結果を帳票にまとめるまでの一連の業務の効率化やコスト削減が求められていました。

導入におけるポイント
  • 事前予約~トラック到着~計量結果の記録までの業務コストを削減
  • 土砂の適正処理の管理

解決方法

ETC車載器で車両識別。予約管理から計量記録まで一元管理

車両の自動識別による土壌計量と、予約システムがセットになったサービスです。
土壌量の算出は、予め登録した車両重量と、トラック搬入時の計量結果の差によりおこないます。
トラックスケール横に設置したDSRC路側アンテナで車両(ETC車載器)を識別し、車両情報と計量結果を自動で紐付けて帳票が出力されます。
予約システムとも連動しており、予約車両と利用状況をリアルタイムでモニタできるため、その日に来る車両の残り台数も容易に把握することができます。

ETC車載器で車両識別。予約管理から計量記録まで一元管理

お客様の声

五洋建設株式会社
土木2020事業部 担当部長
安藤 満様

工事車両の効率的な運行管理としては、RFIDやGNSSなどの導入を検討しましたが、各車両に対応する設備が必要になり、コスト面で課題と考えました。
ETCであれば、現在ほとんどの車両に搭載されており、高速道路などの実績からも確実性が高く、導入を決定しました。
システム導入後は、工事車両の入退場時刻や車両ナンバーを自動的に記録でき、車両運行管理におけるコストが削減できました。
また、土砂の処理状況をDSRC路側アンテナと連動して写真として自動記録できるため、土砂の適正処理の管理が可能となりました。
実際の導入現場では、当初計画と異なった運用が必要となりましたが、随時カスタマイズに対応していただき、導入して良かったと思います。

お客様情報

お客様名 五洋建設株式会社
設立 1950年(昭和25年)4月28日
所在地 〒112-8576
東京都文京区後楽2-2-8
事業内容 ・建設工事の設計および請負
・コンサルタントおよび測量業
・地域・都市開発および海洋開発業
・不動産業
・環境整備・公害防止業
・鋼橋および鋼構造物製作・架設業
・砂利・土砂採取業
・前各号に付帯または関連する一切の事業
URL http://www.penta-ocean.co.jp/index.html

[取材実施日:2017年9月]

※本内容はすべて取材当時のものです。組織・部門・役職名、また仕様など、その後変更となっている場合があります。

車両管理ソリューション
に関するお問合せは

お電話でのお問合せ

カスタマーセンター

0120-66-6142

受付時間:平日 9時~12時、13時~17時
(土日祝日・弊社休業日は除く)

インターネットでのお問合せ
WEBお問合せフォーム

事例紹介

導入事例

ジオ西宮北口 ガーデンズ【阪急不動産株式会社 様】

ETC車載器(+NFCカード)とリモコンの両方に対応した事例です。利便性・安全性・セキュリティの向上はもちろん、マンション価値の向上を期待して導入されました。

日神パレステージ海浜幕張

ETC車載器(+NFCカード)を活用し、リモコンレスの事例です。

伊丹市マンション

NFCカードを使わない事例です。駐車場の入退場口が通行車両と歩行者ともに多い道路に面しているため、ゲートの開閉時に注意を払う必要があります。そこで、開閉時に鍵やリモコンを活用するには危険性が高いと考え、当システムが導入されました。

フローレンス庚午中パークレジデンス

シャッターゲート連動の事例です。章栄不動産様・章栄管理様にて中国地方の新築マンションに採用いただきました。付加価値の高いマンションの設備の一部として、リモコン操作なく登録車両のみ入退ができ大切な愛車を守るシステムとして導入、大型バイクもリモコン操作することなくゲート開閉が可能です。

導入事例

導入事例

導入事例

導入事例

事例紹介

このページのTOPへ