ETCで車両識別
~仕組みと、他の識別方法との比較~

車両識別方法の比較

車両識別の方法にはETC車載器、ICカード、カメラ(車番認識、ナンバープレート認識)RFIDを使うなどさまざまな方法があります。
検知率の高さや安定性、利便性においてはETCがもっとも優れています。

ETC車載器

高速道路の料金所と同様の通信方式(DSRC)により車両を識別。
天候などの周囲環境の影響を受けない高い検知率と、なりすまし防止に優れている。

カメラ(車番認識、ナンバープレート認識)

カメラでナンバープレートの車番を識別。
すべての車を識別できるが、車番認識ソフトは高額で、また、天候やナンバープレートの状態に識別率が左右される不安定な面もある。

ICカード

ICカードをカードリーダにかざす事で識別。
安価だが、認証の際の降車や幅寄せ、また、盗難や貸与によるなりすましなど利便性やセキュリティに課題がある。

RFID

RFIDタグとリーダーとの通信により識別。
非接触の認識方法として安価だが、通信速度が遅く識別に時間がかかり、また、金属や水分などの環境に識別率が左右される不安定な面もある。

車両識別手段の比較

手段
距離
条件
メリット
デメリット
ETC車載器 ICカード カメラ(車番認識、ナンバープレート認識) RFID
約2m~20m 数10cm 約2m 約1m
  • ・40km/h程度なら原則として一旦停止不要
  • ・一旦停止必要
  • ・カードリーダへの接触が必要
・一旦停止必要 ・一旦停止必要
  • ・検知率が高い
  • ・既設ETC車載器を利用可
  • ・太陽光、天候、ナンバープレートの汚れに検知率が依存しない
  • ・なりすまし等の不正利用防止
・識別媒体が安価
  • ・ナンバープレートは全ての車両に搭載されており、事前登録なしの不特定な車両でも識別可能
  • ・識別情報の事前登録が容易
  • ・識別媒体が安価
  • ・設置、調整に専門の技術者が不要
  • ・車載器ID(WCN)の事前登録が必要
  • ・ETC未搭載車両は検知不可
  • ・基地局申請が必要
    (1基地局¥3,550)
  • ・電波利用料が必要
    (1基地局¥10,400/年)
  • ・カードリーダーへの読み込みの為、降車もしくは車両幅寄せの必要あり
  • ・ICカードの管理
  • ・ICカード貸与によるなりすましリスクあり
  • ・車番認識ソフトが高額
  • ・太陽光や天候、ナンバープレートの状態で識別エラーが発生する可能性が高い
  • ・太陽光や天候により設置場所に制約がある
  • ・通信距離が短いため、識別時に一旦停止が必要
  • ・通信速度が遅いため識別に時間がかかる
  • ・金属、水分による影響を受けやすい

ETCなら天候に左右されることもなく、安心してお使いいただけます。

ETC車両識別(仕組みとできること)

車両認証は、ETC車載器がもつ固有のID(WCN:Wireless Call Number)を、路側に設置したDSRC路側装置で検知・識別することでおこないます。識別した情報をもとに、例えば特定車両のみゲートを開くなど周辺機器を制御します。

ETC車載器本体で識別するため、ETCカードは不要です。

車両を検知・識別! + 周辺機器 = 周辺機器

ETC車載器とDSRC路側装置との通信方式は、高速道路の料金収受システムと同じDSRC※であり、その信頼性は折り紙つきです。
RFIDやナンバープレート読み取りのように天候に左右されることもなく、安心してお使いいただけます。

※DSRC:Dedicated Short Range Communication

フルノDSRC路側装置は「ETC2.0車載器」「ETC車載器」ともに識別できます。

事例紹介

導入事例

ジオ西宮北口 ガーデンズ【阪急不動産株式会社 様】

ETC車載器(+NFCカード)とリモコンの両方に対応した事例です。利便性・安全性・セキュリティの向上はもちろん、マンション価値の向上を期待して導入されました。

日神パレステージ海浜幕張

ETC車載器(+NFCカード)を活用し、リモコンレスの事例です。

伊丹市マンション

NFCカードを使わない事例です。駐車場の入退場口が通行車両と歩行者ともに多い道路に面しているため、ゲートの開閉時に注意を払う必要があります。そこで、開閉時に鍵やリモコンを活用するには危険性が高いと考え、当システムが導入されました。

フローレンス庚午中パークレジデンス

シャッターゲート連動の事例です。章栄不動産様・章栄管理様にて中国地方の新築マンションに採用いただきました。付加価値の高いマンションの設備の一部として、リモコン操作なく登録車両のみ入退ができ大切な愛車を守るシステムとして導入、大型バイクもリモコン操作することなくゲート開閉が可能です。

導入事例

導入事例

導入事例

導入事例

事例紹介

よくあるご質問

フルノ製以外のETC/ETC2.0車載器でも使えますか?
どのメーカーの車載器でも検知・識別できます。
車両識別の際、ETCカードは必要ですか?
ETC/ETC2.0車載器の機器固有ID(WCN)を利用しますので、ETCカードは必要ありません。 また、ETCカードが挿入されていても支障はございません。
ETC/ETC2.0車載器が装備されていない車両はどうすればいいですか?
他の識別方法との併用も可能です。また、システム稼働に先立ちETC車載器の斡旋販売についてもご相談ください。
個人情報について
DSRC路側装置とゲート機器間には個人を特定できる情報は含まれておりません。従いまして、個人情報取り扱いに関する問題はございません。
保守体制について
保守サービスについては弊社が一次窓口となり、全国にサービス網をもつ保守管理会社と連携して対応します。
無線基地局申請について
自動車に例えると、車検に相当します。ETCサービスと同一の電波を利用するため、機器設置について総務省 総合通信局に登録が必要です。申請作業は弊社が代行する事も可能です。
無線従事者の登録について
自動車に例えると、運転免許証に相当します。第三級陸上特殊無線技士以上の資格者(管理者)の登録が必要です。第三級陸上特殊無線技士は1日の講習で取得可能です。保守契約をご締結いただく事で弊社提携の保守管理会社で業務代行も可能です。

カタログ

車両管理ソリューション
に関するお問合せは

お電話でのお問合せ

カスタマーセンター

0120-66-6142

受付時間:平日 9時~12時、13時~17時
(土日祝日・弊社休業日は除く)

インターネットでのお問合せ
WEBお問合せフォーム
このページのTOPへ