• 物流業務の効率化
  • 渋滞緩和
  • 環境への対応

物流向け 車両管理ソリューション

取扱い貨物量の増加、ドライバーの負担軽減、渋滞緩和など、物流効率化を実現します。

お電話でのお問合せ

カスタマーセンター

0120-66-6142

受付時間:平日 9時~12時、13時~17時
(土日祝日・弊社休業日は除く)

インターネットでのお問合せ
WEBお問合せフォーム

・入構・周辺道路における渋滞の発生

・ドライバー労働環境の改善(ドライバーの荷待ち時間が長い・法対応が必要)

・人件費の増加(受付業務、周辺の安全管理など警備員、作業員の業務)

・業務効率化が図れていない

・課題のボトルネックが掴めていない

・情報連携がうまくいっていない

物流の問題点

↓

フルノの【ETC・GNSSをはじめとしたセンシング/通信技術】と【最先端のクラウドサービス】の組合せにより、物流現場における様々な問題を解決します!

拠点効率化

ETCを活用したスムーズな入退場・渋滞緩和支援システム

~入退場管理の自動化など車両コントロールを最適化~

ETCの車両識別機能を活用して構内を見える化し、スムーズで高セキュリティな入退場管理を実現します。また、受付・構内作業状況に応じて、適切なタイミングで発車を指示するなど高度な渋滞緩和を支援します。
例えば、入構待ちの待機車列に対して待機場を設置し、車両情報とドライバー情報、貨物情報等を連携したシステムにより適切なタイミングで発車指示を行うことで、業務効率化や周辺道路を含めた渋滞緩和が図れます(ショットガンシステム)。
その他にもドライバーの負担軽減・Co2削減・安全対策など、様々なメリットを創出します。

ショットガンシステム

構内車両誘導・作業可視化システム

車両誘導の効率化

入場ゲートに設置したセンサーで車両(ETC)を識別し、予約システムの情報(ドライバー情報・貨物情報など)をもとに、電光掲示板で車両を誘導します。カメラやパトライト等との連動も可能です。
また、車両が誤ったバースに入ろうとした際には、バースに設けた同センサーで車両識別し、電光掲示板にて適切なバースへ再誘導することも可能です。

構内車両誘導・作業可視化システム

バース利用状況の可視化と運用の効率化

入場ゲートやバースに設置したセンサーで車両(ETC)を識別し、入場時刻やバース利用状況(到着時刻、退出時刻)をリアルタイムに記録、可視化します。
予約システムとも連動させ、滞在時間や作業情報・荷待ち時間などと組み合わせた分析によりバース運用の効率化へとつなげます。法律で義務化された作業時間の把握にも役立ちます。
また、バースのトラックスケールと連携させて計量情報を自動収集し請求書発行・マニフェスト対応をおこなうなど、周辺設備と組み合わせた業務負荷や作業時間の低減を実現します。

計画検証などの動態管理シミュレーション

~物流シミュレーション&作業員・フォークリフト動態管理~

物流業務の改善に必要なシミュレーションをご提供します。
現状・未来の現場(計画)における設備・人・モノの動きを仮想空間上でリアルに再現し「見える化」します。
設備レイアウト、配員計画などの各種運用を見直し業務効率向上やコスト削減を支援します。
また、シミュレーションのみならず、PDCA環境の構築に必要な実績収集システムも提供します。

拠点間フリート管理・情報共有

高精度な位置管理による車両フリート管理

詳細位置情報のリアルタイム取得と車両挙動の把握

高精度GNSS/GPS受信機を活用するなど、拠点間配送の効率化に向けた高精度位置管理システムをご提供します。
車両位置情報・経路情報をリアルタイムに取得すると共に、車両の挙動(急加減速他)も取得します。
最適ルートの検討や指示、配送先への到着予測通知など、より効率的な配送を実現すると共に、ドライバーへの安全管理/教育、燃費向上にも役立つデータを取得できます。
拠点間、取引先間との情報連携プラットホームの構築や最適化についてもご相談下さい。

高精度な位置管理による車両フリート管理

物流IoT

物流におけるビッグデータ・AI活用

IoT化による予測精度向上とオープンプラットホーム化

高精度センシングによるデータ取得から、基幹・業務システムや外部データと組み合わせた各種分析・予測まで、物流現場におけるIoT活用を一気通貫でご支援します。
物流分野においてビッグデータ・AI活用の取り組みが広がってきております。
「どこから手をつけていいかわからない」と言ったお声も耳にします。
スモールスタートから段階的に導入可能なIoTソリューションについて、まずはお気軽にご相談下さい。

物流におけるビッグデータ・AI活用

事例紹介

導入事例

ジオ西宮北口 ガーデンズ【阪急不動産株式会社 様】

ETC車載器(+NFCカード)とリモコンの両方に対応した事例です。利便性・安全性・セキュリティの向上はもちろん、マンション価値の向上を期待して導入されました。

日神パレステージ海浜幕張

ETC車載器(+NFCカード)を活用し、リモコンレスの事例です。

伊丹市マンション

NFCカードを使わない事例です。駐車場の入退場口が通行車両と歩行者ともに多い道路に面しているため、ゲートの開閉時に注意を払う必要があります。そこで、開閉時に鍵やリモコンを活用するには危険性が高いと考え、当システムが導入されました。

フローレンス庚午中パークレジデンス

シャッターゲート連動の事例です。章栄不動産様・章栄管理様にて中国地方の新築マンションに採用いただきました。付加価値の高いマンションの設備の一部として、リモコン操作なく登録車両のみ入退ができ大切な愛車を守るシステムとして導入、大型バイクもリモコン操作することなくゲート開閉が可能です。

導入事例

導入事例

導入事例

導入事例

事例紹介

カタログ

車両管理ソリューション
に関するお問合せは

お電話でのお問合せ

カスタマーセンター

0120-66-6142

受付時間:平日 9時~12時、13時~17時
(土日祝日・弊社休業日は除く)

インターネットでのお問合せ
WEBお問合せフォーム
ETCで車両識別
このページのTOPへ