吹田貨物ターミナル駅
【日本貨物鉄道株式会社 様 導入事例】

遠隔地ゲートの入退場制御を自動化
車両を自動識別し、通行台数もリアルタイムに把握

導入の背景

梅田貨物駅から吹田貨物ターミナル駅への移転にともない、吹田貨物駅では新たにトラック専用道路が設置されました。吹田貨物ターミナル駅の周辺は住宅街であり、ターミナルへは駅から離れた入退場口(ゲート)からトラック専用道路を通って移動します。

駅から離れた場所にて許可車両の認証・通行をスムーズに行い、さらに、通行台数をリアルタイムで表示・管理するため、車両識別を含むシステムが必要とされていました。

導入における3つのポイント
  • 24時間、各ゲートの入退を渋滞することなくおこないたい。
  • 1日の通行台数を管理システムやゲートの表示器に表示したい。
  • ゲートの通行状況をリアルタイムに確認したい。

解決方法

ETC車載器による車両識別と入退制御

ETC車載器を活用した車両識別システムが、通行車両を管理するシステムの一部として採用されました。ゲートに設置したDSRC路側アンテナで進入した登録車両を(ETC車載器)を自動判定し、バーゲートの開閉制御をおこないます。
また、バーゲートを開いた回数で通行台数をカウントし、本日の通行台数としてゲート上部の表示機にリアルタイムで表示します。

ETC車載器による車両識別と入退制御

通行履歴、台数の監視

通行履歴や通行台数は貨物駅のパソコンで管理・表示でき、離れた場所から通行状況を確認可能です。
車両の新規登録は、事前に運送業者から登録リストを入手し、ゲートの車両番号と紐づけ登録しています。

通行履歴、台数の監視

お客様情報

お客様名 日本貨物鉄道株式会社(JR貨物)
設立 1987(昭和62)年4月1日
代表者 代表取締役社長兼社長執行役員 田村 修二
所在地 東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目33番8号 サウスゲート新宿(本社)
事業内容 貨物鉄道事業 倉庫業 駐車場業 広告業
URL http://www.jrfreight.co.jp/index.html

[取材実施:2017年8月]

※本内容はすべて取材当時のものです。組織・部門・役職名、また仕様など、その後変更となっている場合があります。

事例紹介

導入事例

ジオ西宮北口 ガーデンズ【阪急不動産株式会社 様】

ETC車載器(+NFCカード)とリモコンの両方に対応した事例です。利便性・安全性・セキュリティの向上はもちろん、マンション価値の向上を期待して導入されました。

日神パレステージ海浜幕張

ETC車載器(+NFCカード)を活用し、リモコンレスの事例です。

伊丹市マンション

NFCカードを使わない事例です。駐車場の入退場口が通行車両と歩行者ともに多い道路に面しているため、ゲートの開閉時に注意を払う必要があります。そこで、開閉時に鍵やリモコンを活用するには危険性が高いと考え、当システムが導入されました。

フローレンス庚午中パークレジデンス

シャッターゲート連動の事例です。章栄不動産様・章栄管理様にて中国地方の新築マンションに採用いただきました。付加価値の高いマンションの設備の一部として、リモコン操作なく登録車両のみ入退ができ大切な愛車を守るシステムとして導入、大型バイクもリモコン操作することなくゲート開閉が可能です。

導入事例

導入事例

導入事例

導入事例

事例紹介

カタログ

車両管理ソリューション
に関するお問合せは

お電話でのお問合せ

カスタマーセンター

0120-66-6142

受付時間:平日 9時~12時、13時~17時
(土日祝日・弊社休業日は除く)

インターネットでのお問合せ
WEBお問合せフォーム
このページのTOPへ