フルノECDIS (電子海図情報表示システム) FEA-2107/FEA-2807

ECDISに関連するページ

最新のフルノ ECDIS(型式:FMD-3200/3300) はこちら

フルノECDIS (電子海図情報表示システム)FEA-2107/2807は、画面上に電子海図、AIS、ARPA(TT)、レーダー等の情報をはじめ、船位、方位、船速などの航海情報を表示し、航路計画と航行監視に於いて操船者を支援するシステムで、IMO*1/IHO*2の性能基準とIEC*3による試験規格に合致するように設計されています。

電子海図はENC(S-57 Edition 3 VECTOR CHART IHO S-63 ENC data protection scheme)、ARCS(RASTER CHART)、C-Map CM93 Edition 3、C-Map CM-ENCが使用可能です。ユーザー独自にチャートの作成が出来る機能や、パイロットデータの作成・表示、アラーム機能など、航路計画、航行監視に威力を発揮できる機能が盛り込まれています。

FEA-2107/2807は、ARPA Radarや、自動操舵装置、各種センサーとのネットワークシステム構築が可能。データの高速かつ安定したシステム内の通信・共有、システム構築の簡素化など拡張性を考慮した設計となっています。

全ての機能は高精細SXGA LCDの採用や、最新のソフトウェア技術による処理の高速化、人間工学的見地に基づいたメニューレイアウト、コントロールキーボードにより、直感的な操作が行なえます。

*1 International Maritime Organization、国際海事機関
*2 International Hydrographic Organization、国際水路機関
*3 International Electrotechnical Commission、国際電気標準会議

規格と標準

フルノECDIS FEA-2107/2807は以下のIMO性能基準、及びIEC試験規格に準拠しており、欧州連合(EU)指令「Marine Equipment Directive」(MED)により制定されたEU域内共通型式承認「舵輪マーク」(Wheelmark)を取得しています。

  • IMO A.694(17)
  • IMO MSC.232(82)
  • IMO MSC.97(73) 13, 17.1, 13.8
  • SOLAS Regulation V/18.1, V/19.2.1.4, V/19.2.1.5
  • IEC 61174 Ed.03(2008)
  • IEC 60945 Ed.4.0(2002)
  • IEC 61162-1 Ed. 3.0(2007)
  • IEC 61162-2 Ed. 01(1998)

使用可能な電子海図

ENC(IHO S-57 Edition 3)、ARCSチャート、C-MAP CM93 Edition 3、C-MAP CM-ENCチャートを使用可能

航海情報の統合表示

レーダー映像や、AIS等航海情報を海図上に統合表示

電子海図には、レーダー映像をはじめ、自船位置、針路、船速など多彩な航海データを統合表示することが可能。より安全かつ、効率的な航行をサポートします。

 

レーダー映像の重畳表示

レーダー映像を電子海図上に重畳表示することができます。レーダー映像は電子海図の情報と同じプロジェクションで重畳され、操船者にとって自船周辺、そして計画航路の状況把握に大きく寄与します。

 

レーダーオーバーレイダイアログボックス

感度、STC、FTC、干渉除去、エコー拡大、エコートレイルなど、その他すべての設定は、ECDISからコントロールすることができます。

 

航海データの統合表示

柔軟な航海システム構築を可能にする、ネットワーク拡張性

FEA-2107/2807はイーサーネットを通して、最大4基までのフルノARPAレーダーFAR-2107/2807シリーズと接続することが出来ます。またインターフェイスを介してネットワークケーブル一本で測位装置や自動操舵装置など他の航海・通信機器と接続し、総合的な航海システムを形成し、高速かつ安定した航法データの通信・共有を行なうことができます。

自動操舵を実現するトラックコントロールシステム

FEA-2107/2807はイーサーネットを通して、最大4基までのフルノARPAレーダーFAR-2107/2807シリーズと接続することが出来ま す。またインターフェイスを介してネットワークケーブル一本で測位装置や自動操舵装置など他の航海・通信機器と接続し、総合的な航海システムを形成し、高速かつ安定した航法データの通信・共有を行なうことができます。

航路計画、航行監視

画面上で海図情報、航海情報を考慮しながら、正確かつ迅速にルートを決定することができます。詳細な変更も簡単に行なえ、決定したルートは内部に記憶させておくことができます。

 

情報表示機能

自船マーク、船位、船速、針路等の自船情報やARPAからの情報など他船情報を含む航海情報は画面右端のデータセル内に表示することができます。電子海図上のマークにカーソルを合わせると、選択したブイや燈台、沈船などの情報がデータセルに表示されます。

 

AIS表示

AISと接続することで、最大1,000個のAISターゲット情報を内蔵メモリに保存、画面上に設定した範囲内で最大200 個までのAIS ターゲットを表示することができます。これにより、自船周辺の状況把握に大きく寄与し、より効率的な航行監視が可能になります。

 

座礁防止表示

前方にある浅瀬などを電子海図データから検出し、座礁の危険を事前に知らせます。また、変針点接近*、オフトラック、オフコースなどの各種アラームも装備しています。

*自動操舵装置との接続が必要です。

操作性に優れたキーレイアウト

ホイール付きトラックボールの採用に選りすぐれた操作性を実現。ダイレクトキーの無いコンパクトなトラックボールタイプも御用意。装備環境に応じて選択いただけます。

キーボードタイプ

 

トラックボールタイプ

ソフトウェアバージョン

FEA-2x07

ソフトウェア
バージョン
x5.xx
05.21
05.39
05.52
05.55
05.56
05.58
05.59
06.01
06.02
06.06
06.07
06.08
06.11
06.12
06.16
06.20
06.21
06.22
06.23
06.24
06.50
06.52
ECDIS
試験規格
IEC 61174 Ed. 2 IEC 61174 Ed. 3
使用可能チャート
(ENC)
S-57 Ed. 3.1 S-57 Ed. 3.1, S-57 Ed. 3.1.1 and S-57 Maintenance Document (Cumulative) Number 8
使用可能チャート
(RNC)
S-61 Ed. 1.0
ECDIS
プレゼンテーション
ライブラリー
S-52 PresLib Ed. 3.3 S-52 PresLib Ed. 3.3, + support for S-57 Ed. 3.1.1 S-52 PresLib Ed. 3.4 S-52 PresLib Ed. 4.0
ECDIS 表示色彩・記号仕様基準 S-52 Ed. 5.0 S-52 Ed. 6.0 S-52 Ed. 6.1
ENC
データ保護
S-63 Ed. 1.0 S-63 Ed. 1.1 S-63 Ed. 1.2
IHO
CDS適合
一部不適合 適合
(S-64 Ed. 2.0.0)
適合
(S-64 Ed. 3.0.1)
アップデートの
可否
-

 

FEA-2105

ソフトウェア
バージョン
02.00 02.01 03.00 04.00
ECDIS
試験規格
IEC 61174 Ed. 1 IEC 61174 Ed. 2
使用可能チャート
(ENC)
S-57 Ed. 3.0 S-57 Ed. 3.1
使用可能チャート
(RNC)
S-61 Ed. 1.0
ECDIS
プレゼンテーション
ライブラリー
S-52 PresLib Ed. 3.1 S-52 PresLib Ed. 3.2
ENC
データ保護
n/a S-63 Ed. 1.0
IHO
CDS適合
一部不適合
アップデートの
可否
不可

ソフトウェアアップグレードのご要望は、弊社営業担当までご連絡ください。
UKHO AVCS DVD版をご利用される場合は、弊社営業担当までご連絡ください。

カタログダウンロード

お問い合わせ

製品に関するお問い合わせ 新規商談、故障・修理、仕様詳細について

 

このページのTOPへ