音響測深機 (Navigational Echo Sounder: FE-800)

特長

2周波(50/200 kHz)での測深データを1つの画面に併記

船首・船尾の水深を同時に把握することができます。

様々なモード表示が可能

水深値の表示を行うNAVモード、現在位置を含む水深値を表示するOS DATAモード、深度履歴を表示するHISTORYモードがあります。

視認性にすぐれた8.4型カラーLCDディスプレイ
フルノ リモートディスプレイRD-20/50と接続可能

指示器から離れた場所でも水深値の確認ができます。

水深情報を印刷できるプリンタ(オプション)
パソコンで深度情報を編集・プリントアウトできるソフトウェア(オプション)

過去の航行データの保存や、パソコンに接続されたプリンタでの印刷が可能になります。

IMO MSC.302(87)(Bridge Alert Management)対応
過去24時間の測深履歴を記憶・再生(5秒間隔での記録時)
アラーム機能表示例
アラーム機能

水深が設定値より浅くなるとアラームで知らせます。
また、海底検出できない場合や電源の低下時にもアラームで知らせます。

モード

NAVモード    送受波器/キール/水面基準での音測深度表示

表示画面

 

  • (A) 選択されているモード、浅深度アラームの境界深度、レンジ設定など、FE-800の主機能を表示
  • (B) 選択されたモードを表示
  • (C) その画面で可能な操作(ボタン名やメッセージ)を表示。警報発生時には、優先度の高い警報を表示。
    アラート表示例

 

単周波表示FOREまたはAFTの単周波表示も可能です。▶▶

 

OS DATAモード
OS DATAモード 画面

現在位置(時間、針路、速度、緯度・経度)※ を含む音測深度表示

※GPSのようなEPFS(Electronic Position-Fixing System, 電子測位装置)の接続が必要です。

HISTORYモード
HISTORYモード 画面

深度の履歴を表示

記録間隔記録・再生可能時間
5秒1時間分
1分12時間分
2分24時間分

 

LOGBOOK表示
LOGBOOK表示 画面

一定の時間間隔(5秒、1分、2分)で抽出した深度データ(時刻・水深値・自船位置)を表示。720点までのログデータを閲覧可能です。

アラートリスト表示
アラートリスト表示 画面

発生したアラートの内容や日時の記録を表示

画面表示色

船内環境に合わせて選択できる画面表示色

 

背景:黒 エコー:黄色
背景:黒  エコー:黄色
背景:黒 エコー:赤
背景:黒  エコー:赤
背景:青
背景:青
背景:白
背景:白

プリンタ・PCソフトウェア

プリンタ PP-505-FE
プリンタ PP-505-FE
蓄積データの活用

プリンタ(オプション)で水深情報を印刷したり、パソコンを接続し、オプションのソフトウェアを使って深度情報を編集・プリントアウトすることが可能です。

 

PCソフトウェア

Echoモード
Echoモード
Graphモード
Graphモード
Logモード
Logモード

カタログダウンロード

お問い合わせ

製品に関するお問い合わせ 新規商談、故障・修理、仕様詳細について

 

このページのTOPへ