レーダー FAR-15x8シリーズ :高度な技術に裏付けられた探知性能感覚的操作を実現する航海用レーダー

特長

IMO(国際海事機関)の性能基準に適合しておりCat.3 (500GT以下)の船舶に搭載可能

※総務省型式検定・国交省型式承認 取得予定

NEW 自動クラッタ除去機能(Automatic Clutter Elimination, ACE)

ボタン1つで不要なエコーを取り除き、海況に合った映像調整を自動で行うことができます。
ACEを活用することで海面反射除去をはじめとする画面調整作業から解放され、より操船に集中することが可能です。


ACEオフ


ACEオン

NEW 進化したターゲットトラッキング(TT)を標準搭載

従来に比べて各段に早く、選択したターゲットを補足・表示することができます。
安定したターゲット捕捉により他船動向を確実に把握、衝突回避に貢献します。

拡張性に優れたEthernet接続

FAR-15x8シリーズでは拡張性に優れたイーサーネット通信を採用しており、2台(自身を含む)のレーダーシステムを接続することが可能です。
HUBとLANケーブルによる簡単接続で、インタースイッチ機能の利用や、ECDIS/GPSプロッタとの連携ができます。

表示部は視認性・耐久性に優れた15型カラー液晶ディスプレイMU-150HDを採用

AIS接続に標準対応。ターゲットの識別、情報収集を容易にします

ECDISへのレーダーエコー重畳表示が可能

CPA/TCPA、ガードゾーンなど各種警報機能を設定可能

IEC62388およびIEC62288規格に準拠

ユーザーインターフェイス

NEW 必要な操作を感覚的に実行可能

新規採用したタッチパッドに加え、調整つまみ(感度、海面反射除去、雨雪反射除去)、ロトキーを組み合わせた独自の操作部により、感覚的な操作が可能。
オプションのトラックボール操作部や市販のマウスを使用することもできます。

必要な情報をわかりやすく配置した画面構成

データディスプレイ

自船情報、風向風速、水温、水深など、安全航海に必要なさまざまな情報を画面右側のデータセルに表示します。
表示データの配置は好みに応じてカスタマイズすることが可能です。
またTT捕捉データは最大4隻、AIS捕捉データは最大2隻まで表示させることができます。

拡大画面(ズーム機能)

任意で選択したエリアを2倍もしくは3倍に拡大して表示する機能です。
近接したターゲット同士の動向を容易に判断することが可能です。エコートレイルを表示させることで、更に効力を発揮します。

ソフトウェアバージョン

製品名 ソフトウェアバージョン IMO 標準
SPU KEY PM
FAR-15x8 0359344-01.xx 0359348-01.xx 0359296-01.xx IMO MSC.191(79)
IMO MSC.192(79)
IEC 62388 Ed.2
IEC 62288 Ed.2
IEC 60945 Ed.4
ITU-R M.1177-4

ソフトウェアアップグレードのご要望は、弊社営業担当までご連絡ください。

カタログダウンロード

お問い合わせ

製品に関するお問い合わせ 新規商談、故障・修理、仕様詳細について

 

このページのTOPへ