Radar FAR-22x8/FAR-23x8シリーズ

Video

製品ラインアップ

FAR-23x8 シリーズ

(27型ワイドまたは 23型LCD)

FAR-2318 Xバンド 12 kW TR up
FAR-2328 Xバンド 25 kW TR up
FAR-2328W Xバンド 25 kW TR down
FAR-2338S Sバンド 30 kW TR up
FAR-2338SW Sバンド 30 kW TR down
FAR-2338S-NXT Sバンド 250 W TR up 固体化モデル

FAR-22x8 シリーズ

(19型LCD)

FAR-2218/
FAR-2218-BB
Xバンド 12 kW TR up
FAR-2228/
FAR-2228-BB
Xバンド 25 kW TR up
FAR-2238S/
FAR-2238S-BB
Sバンド 30 kW TR up
FAR-2238S-NXT/
FAR-2238S-NXT-BB
Sバンド 250 W TR up 固体化モデル

規格と標準

FAR-22x8/23x8 シリーズは下記の規格に合致しています。

  • IEC 60945 Ed.4.0
  • IEC 62388 Ed.2.0
  • IEC 62288 Ed.2.0
  • IEC 61162-2
  • IEC 61162-1 Ed.5.0
  • IEC 61162-450

特長

安全航海を支える先進技術

高度な信号処理技術を応用した独自の安全航海支援機能を搭載。
あらゆる航海シーンにおいて、最高水準のレーダー映像を提供します。

自動クラッタ除去機能(ACE, Automatic Clutter Elimination)

ボタン1つで不要なエコーを取り除き、海況に合った映像調整を自動で行うことができます。
ACEを活用することで海面反射除去をはじめとする画面調整作業から解放され、より操船に集中することが可能です。


ACE OFF


ACE ON

ファストターゲットトラッキング™

従来に比べ格段に早く、わずか数秒で、選択したターゲットを捕捉し、速度ベクトルを表示することができます。ターゲット捕捉後は、安定したターゲット追尾により、他船動向を確実に把握、衝突回避に貢献します。

直感的な操作を追求した独自のユーザーインターフェイス

必要な機能を素早く呼び出す、インスタントアクセスバー™を配置

画面左端に配置されたインスタントアクセスバー™には、使用頻度の高い機能や画面設定のメニューが配置されており、必要な操作を素早く呼び出して実行することができます。


※写真はMU-270Wの画面です。

人間工学に基づきデザインされた操作部

長期に渡る航海での使用を考慮し、人間工学に基づき設計された操作部は、必要な操作をストレス無く行えます。
トラックボールタイプの操作部を使用することも可能です。

信頼性とメンテナンス性に優れた新型アンテナ

  • 空力特性に優れた薄型アンテナにより、アンテナ駆動部の耐久性を向上
  • 消耗部品の交換作業を不要とする、ブラシレスDCモーターを採用
  • アンテナ内部を取り外しが簡単な一体型ユニットにすることで、効率的なメンテナンス作業を実現
  • 筐体側面よりケーブル挿入を可能にすることで、装備性を改善
  • 空中線部内で信号処理を行い、制御部にデータを送信することで、レーダー映像の劣化を抑制

小さな物標探知とメンテナンス性に優れたフルノ固体化レーダー“NXT”モデル(Sバンドのみ)


固体化レーダー”NXT”モデルのパワーアンプ

フルノが誇るレーダー開発技術に基づき開発された固体化素子を使用した送受信部により、従来のマグネトロンレーダーに比べ、低出力にもかかわらず、信頼性の高い映像を表現することを可能にしています。

  • 荒れた海況でもノイズの少ないクリアな映像を提供

    近距離における周囲のクラッタを抑制しながらも、小型船など弱いターゲットのエコーを映し出します。
  • メンテナンスにかかる時間とコストを軽減

    ・マグネトロン交換不要
    ・アンテナのファンレス化により消耗部品を削減
  • 従来型マグネトロンレーダーと同等の遠距離探知性能を実現

新規装備・交換装備のいずれにも適した装備性と拡張性

  • 表示できる情報量に優れた27型ワイドモニター(型式:MU-270W)を選択可能

    同時に9つまでのTT情報をデータボックス内に表示することができます。
    ※FAR-23x8シリーズのみ
  • FAR-2xx7シリーズからの換装の場合、既設のモニター、操作部、ケーブルを使用可能

  • オプションのLAN同軸変換機を使うことで、既設の同軸ケーブルでのイーサネット伝送が可能

    空中線部と制御部間の伝送距離延長や、既設のアンテナケーブルを利用した装備にも対応可能です。
  • イーサネットによる優れた拡張性

    ECDISやVDRをはじめとした航海システムと、イーサネットによる接続が可能。新規の統合システム構築に加え、既存システムの拡張も容易に行うことができます。
  • オプションのイーサネットハブを利用することで、LANケーブルのみでインタースイッチを実現

  • 換装におけるVDRとの接続では、既存のDVI-Iケーブルを利用可能

    VDRとの接続について
    VR-7000/7000S LAN で直接VDRに入力、またはDVI-Iポートから出力したRGB信号をビデオLANコンバータで変換してVDRに入力
    VR-3000/3000S DVI-Iポートから出力したRGB信号を直接VDRに入力
    その他メーカーのVDR VDRの仕様により接続方法が異なります。

ソフトウェアバージョン

製品名 ソフトウェアバージョン IMO/IEC/ITU 標準
SPU MAIN KEY
FAR-22x8/23x8
(マグネトロン)
0359281-01.xx 0359377-01.xx 0359385-01.xx IMO A.694 (17)
IMO MSC.191(79)
IMO MSC.192(79)
IMO MSC.302(87)
IEC 62388 Ed.2
IEC 62288 Ed.2
IEC 60945 Ed.4
ITU-R M.1177-4
FAR-22x8/23x8
(固体化)
0359286-01.xx

ソフトウェアアップグレードのご要望は、弊社営業担当までご連絡ください。

カタログダウンロード

お問い合わせ

製品に関するお問い合わせ 新規商談、故障・修理、仕様詳細について

 

このページのTOPへ