生化学自動分析装置

生化学自動分析装置 型式 CA-90生産終了製品

タッチパネルを採用しパソコン不要。コンパクトかつ簡単操作を実現。

生化学・TDM(薬物)の測定可能な小型機器。ディスポーサブルキュベットを使用する事で純水使用量を大幅に抑えたため、大がかりな純水発生装置が無くとも運用が可能です。ディスポーサブルキュベットは自動的に装填・破棄されます。タッチパネルを搭載し、パソコン不要でコンパクトかつ簡単操作を実現しました。

特長

  • 90テスト/時間

  • ディスポーサブルキュベット使用により純水使用量を削減

  • タッチパネルによる簡単操作

  • PC内蔵によるコンパクト化を実現

  • TDM(薬物)測定可能項目

    フェノバルビタール、バルプロ酸、フェニトイン、カルバマゼピン、ジゴキシン、テオフィリン など
    ※その他の項目については、試薬メーカへお問合わせください。
  • 最少反応液量 120μl

仕様

全般

一般的名称移動式ディスクリート方式臨床化学自動分析装置
販売名生化学自動分析装置 CA-90
届出番号28B2X00014000009
同時搭載項目数最大20項目
処理速度90テスト/時間
測定方法エンドポイント、2点法、レート法
検体分注容量2 ~ 35 μl
試薬分注容量20 ~ 350 μl
最終反応容量120 ~ 450 μl
検体搭載数量10検体 + 緊急検体 1検体
使用可能検体容器サンプルカップ・採血管(ハンディ バーコード対応可 オプション)
試薬搭載数量20
搭載可能試薬容器20 mlボトル(ハンディ バーコード対応可 オプション)
反応方式ランダムアクセス・ディスクリート方式
反応容器ディスポーサブルプラスチックキュベット
反応時間10分(R1:5分、R2:5分)
恒温方式ドライバス方式
反応槽温度37 ± 0.3 ℃
攪拌スピード5段階の調整可
測定波長8波長(340 ~ 800 nm)
測光方式フィルタ方式
外部出力RS-232C
外形寸法620 × 551 × 577 mm(但し、表示部の突起、足の部分を含まず)
質量65 kg

カタログほか

お問い合わせ

製品に関するお問い合わせ 新規商談、故障・修理、仕様詳細について

* 外観・仕様に関しては予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。

このページのTOPへ