超音波骨密度測定装置

超音波骨密度測定装置 型式 CM-100生産終了製品

プリンター内臓の小型設計。スペックと経済性にこだわった高性能測定器。

かかとの骨を測定する超音波方式の骨密度測定装置です。プリンター内臓の超小型設計で、手軽に持ち運びができ操作も簡単、測定時間も約10秒とスピーディに測定ができるなど多くの優れた性能を備えていますので、骨粗鬆症の一次スクリーニングや集団検診などに最適です。

CM-100 は生産終了となりました。
後継機 CM-200 はこちら

特長

  • 横幅500 mm x 奥行き300 mm のわずかなスペースで設置できるコンパクト設計

  • 測定時間は約10秒のスピーディ測定

  • 超音波方式なので若年者や妊娠されている方も検査可能

仕様

全般

測定部位踵骨
測定方法超音波パルス透過法
測定項目骨内伝播速度
測定時間約10秒
測定精度%CV:1%以下 (*ファントム計測時)
超音波周波数中心周波数 500 KHz
計測部乾式 (超音波ゼリー使用)
動作環境温度10~35 ℃
湿度85 % 以下
電源AC 100 V ± 10 % 50/60 Hz
最大60 VA
外形寸法500×300×200 mm
質量約10 kg

お問い合わせ

製品に関するお問い合わせ 新規商談、故障・修理、仕様詳細について

* 外観・仕様に関しては予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。

このページのTOPへ