GPS/GNSSチップ

GPS受信チップ eRideOPUS 5 型式 ePV5800B生産終了製品

自動車・産業市場 コンシューマ市場

1チップ化を実現した、超高感度GPSチップ、eRideOPUS 5 (ePV5800B)

eRideOPUS 5 (ePV5800B)はCMOS RF、DSPおよびマイクロ・プロセッサーを統合化し、1チップ化した高感度GPS受信機です。受信が途切れやすい屋内や都会のビルの谷間においても、より早く正確な位置情報を提供します。

特長

  • -161dBmの高感度を実現。

  • 高速TTFF <2 秒 = ホットスタート(アウトドア)。

  • CMOS RF を内蔵した1チップ・ソリューションにより、小型化および低コスト化。

  • SBAS(MSAS/日本 WAAS/米国 EGNOS/欧州)対応。

  • AGPSを使用可能です。

  • UTC(世界協定時)と同期した1秒パルス出力、Dead Reckoning(推定航法)など先進の機能を搭載可能。

  • 5Hz測位対応

仕様

全般

受信衛星システムGPS L1 C/A, SBAS L1 C/A
衛星追尾チャンネル14 ch
( GPS, SBAS)
更新周期GNSS: 1/2/5 Hz
デッドレコニング(自律航法): 1 Hz
受信感度GPS
衛星追尾: -161 dBm
ホットスタート: -161 dBm
ウォームスタート: -147 dBm
コールドスタート: -147dBm
再捕捉: -161 dBm
位置精度 (水平位置)2.5 m(CEP)
TTFF (Typical)ホットスタート: <2 秒( @-130 dBm)
ウォームスタート:33 秒(@-130 dBm)
コールドスタート:38 秒(@-130 dBm)
供給電圧DC 1.8V
消費電力衛星捕捉時: 58mW
バックアップ電源電圧: DC 1.4 - 2.75 V 電流: 20 μ A( Typ)
動作温度-40℃ ~ +85℃
パッケージサイズ:TFBGA 9.0mm x 9.0mm、ボール数:141、ボールピッチ:0.65mm
プロトコルeSIP(NMEA 0183 Ver.3.01 準拠)
インターフェイスUART、I2C、バック信号、車速パルス、タイムパルス

外寸図

お問い合わせ

製品に関するお問い合わせ 新規商談、故障・修理、仕様詳細について

* 外観・仕様に関しては予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。

このページのTOPへ