GPS/GNSSモジュール

GPS基準周波数発生器 型式 GF-8052生産終了製品

タイミング市場

GPSの高確度な時刻を利用した高安定で高品位なOCXO版周波数発生器

内蔵のOCXOをGPSへロックすることにより、高安定基準周波数をメンテナンス無しで発生することができます。
追尾している衛星が1つでも機能し、衛星の受信状況の悪い場所でも利用可能など、全世界で高安定な周波数と高精度な時刻を得ることができるため、いろいろな分野への応用が可能です。
SBAS衛星による補正機能を持っています。

関連コンテンツ

特長

  • 高安定な周波数と高精度なUTC時刻が全世界で簡単に得られます。

  • 周波数のメンテナンスが不要です。

  • 追尾衛星1個以上で基準周波数(10MHz)と1秒パルス(1PPS)を出力します。

  • 基準周波数にコヒーレントな1秒パルスを出力します。

  • SBAS衛星によるディファレンシャル補正機能を持っています。

  • 通信基地局などの用途に最適です。

仕様

全般

受信衛星システムGPS L1 C/A, SBAS L1 C/A
衛星追尾チャンネル14 ch (GPS, SBAS)
受信感度-133dBm ~ -110dBm
10MHz出力 (定常状態)周波数確度:< ± 1 × 10-12
短期安定度:< ± 5 × 10-10
1PPS出力 (定常状態)1PPS 確度:< ± 100ns(95%)
1PPS 精度:< 30ns(1 σ)
10MHz出力 (ホールドオーバ)周波数確度:< ± 3 × 10-9/24H
1PPS出力 (ホールドオーバ)1PPS 確度: < ± 260 μs/24H
< ± 15 μs/24H(Typ)
供給電圧DC 5.0V
消費電流0.6A 以下(5.0V、定常状態)
1.2A 以下(5.0V、起動時)
動作温度-20℃~ +85℃
アンテナ検出ショート/ オープン検出
アラーム出力あり
サイズ51mm × 51mm × 19mm
プロトコルNMEA 0183、TOD

外寸図

カタログほか

お問い合わせ

製品に関するお問い合わせ 新規商談、故障・修理、仕様詳細について

* 外観・仕様に関しては予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。

このページのTOPへ