GPS/GNSSモジュール

GPS基準周波数発生器 型式 GF-8557生産終了製品

タイミング市場

高精度・高安定の周波数(10MHz)とタイムパルス(1PPS)を提供。OCXOを搭載した高感度のGPS基準周波数発生器。

OCXOをGPS(UTC時刻)に同期することで、高安定な周波数をメンテナンスフリーで利用できます。GPSの高感度対応により捕捉衛星数が増加、設定場所の幅が広がり携帯電話基地局にも最適です。

関連コンテンツ

特長

  • 高感度GPS受信機を搭載

  • 高安定な周波数と高精度なUTC 時刻が全世界で容易に取得可能

  • UTC に同期したタイムパルス(1PPS)と、タイムパルスに同期した基準周波数(10MHz)を出力

  • 追尾衛星1 個以上で基準周波数とタイムパルスを出力

  • ホールドオーバ機能により、衛星信号が途切れた際にも高精度な基準周波数とタイムパルスを継続して出力

  • OCXO をGPS で制御することにより、周波数のメンテナンスが不要

  • SBAS 衛星によるディファレンシャル補正に対応 (WAAS/MSAS/EGNOS)

仕様

全般

受信衛星システムGPS L1 C/A、SBAS L1 C/A
衛星追尾チャンネル14 ch (GPS, SBAS)
受信感度-140dBm ~ -110dBm
10MHz出力 (定常状態)周波数確度:< ± 1 × 10-12
1PPS出力 (定常状態)1PPS 確度:< ± 150ns
1PPS 精度:< 30ns(1 σ)
10MHz出力 (ホールドオーバ)周波数確度:
< ± 1 × 10-9/24H( 温度変化20℃以内)
1PPS出力 (ホールドオーバ)1PPS 確度:
< ± 8 μs/24H( 温度変化20℃以内)
供給電圧DC 5.5V
消費電力定常時 < 10W、起動時 < 14W
動作温度-20℃ ~+80℃
アンテナ検出ショート/ オープン検出
アラーム出力あり
サイズ100mm × 100mm × 19.9mm(IF コネクタを除く)
プロトコルNMEA 0183 、TOD

外寸図

カタログほか

お問い合わせ

製品に関するお問い合わせ 新規商談、故障・修理、仕様詳細について

* 外観・仕様に関しては予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。

このページのTOPへ