GPS/GNSSモジュール

マルチGNSS基準周波数発生器 型式 GF-8705NEW

タイミング市場

業界最高クラスのホールドオーバ性能と低位相雑音に特化した、OCXO搭載の高感度マルチGNSS基準周波数発生器

GF-8705は、高精度・高安定の周波数(10MHz)とタイムパルス(1PPS)を出力する、OCXOを搭載した高感度のマルチGNSS基準周波数発生器です。GPS/GLONASS/QZSS/SBASの同時受信に対応しています。
無線通信、ネットワーク通信、放送等のグランドマスタークロックにも最適で、原子発振器の置き換え用途にも適しています。

関連コンテンツ

特長

  • 正確なタイムパルス(1PPS)と、低位相雑音かつ高安定な基準周波数をコヒーレントに出力

    ・GNSS測位で求めた正確な時刻から、UTC に同期したタイムパルス(1PPS)と、1PPSにコヒーレントな基準周波数を出力
    ・より高品質な周波数の提供で、デジタル通信等でのエラーを低減
  • 高感度マルチGNSS対応! 過酷なGNSS受信環境化にも適応

    ・GPS、SBAS、GLONASSを同時受信。さらに、日本のQZSS(準天頂衛星)にも対応
    ・高感度かつ、視野内衛星数はGPS単独測位のおよそ2倍。GNSSアンテナの設置自由度が向上
    ・異なる周波数帯の信号を同時に扱うことにより、妨害波に対するロバスト性が向上
  • 業界最高レベルのホールドオーバ性能

    ・GNSS測位の中断時にも、フルノ独自の発振器制御技術で、発振器の振る舞いを予測して補正
    ・タイムパルスと基準周波数を高精度かつ長時間維持して出力
    ・原子発振器の置き換え用途としても、卓越したコストパフォーマンスを実現
  • 要求性能に合わせた製品をコンパチブルに提供

    GF-8704、GF-8705 はピンコンパチブルに加えて出力フォーマットも同一
    ・長時間のホールドオーバなど、必要な仕様に応じて製品を変更可能

    【仕様】
    型式 タイミング仕様(1PPS) 周波数仕様(10MHz) サイズ(mm)
    定常状態 ホールドオーバ
    定常状態
    (24時間平均)
    GF-8701 < ±100ns - < ±1×10-11 34×27×11
    GF-8702 < ±100ns < ±50μs/24H < ±1×10-12 34×27×15.5
    GF-8703 < ±100ns < ±10μs/24H < ±1×10-12 34×27×20
    GF-8704 < ±50ns < ±5μs/24H < ±1×10-12 100×52×20
    GF-8705 < ±50ns < ±1.5μs/24H < ±1×10-12 100×52×20

    【参考:テストデータ】
    ホールドオーバ開始から、1PPSタイミング確度 < ±Xμs を継続した時間  ※ 保証値ではありません。
    型式 1PPSタイミング確度
    < ±0.1μs < ±0.4μs < ±1.1μs < ±1.5μs < ±5μs < ±10μs
    GF-8702 - - 1H 2H 8H 16H
    GF-8703 - 1H 3H 4H 16H -
    GF-8704 - 2H 6H 8H - -
    GF-8705 2H 6H 18H - - -
  • GPS時刻同期にも対応

    時刻同期源を、UTC 時刻とGPS 時刻から選択可能
  • 測位モードの選択

    ・1 衛星だけの追尾で高精度タイムパルス(1PPS)と基準周波数を出力する位置固定モード
    ・車両等で使用可能な移動体モード
  • アンテナ接続確認機能

    アンテナの接続状態(オープン・ショート)を確認可能
    ・アンテナの接続ミスや故障を容易に把握
  • アンテナ給電機能

    GNSS 基準周波数発生器から直接、アンテナへ給電可能
    ・アンテナの配線を簡略化
  • 電源の瞬断復帰機能

    バックアップ電源を接続することで、再起動から定常状態までの時間を大幅に短縮
  • ノイズ耐久性能の強化

    機器内部のノイズをカット & ビルの反射波の影響を低減
    ・アンチジャミング
    ・耐マルチパス機能
  • 外部パルスへの同期

    外部から入力したタイムパルスへの同期が可能
    ・ネットワーク経由で取得した時刻情報(IEEE1588 やSyncE)への同期用途など
    ・システムのロバスト性を向上
  • 任意の周波数を出力

    基準周波数とは別に、任意の周波数を設定して出力可能
  • 広い動作温度範囲

    ・-40℃ ~ +85℃
  • グランドマスタークロックの用途に最適

  • その他、様々な通信・放送用途にも対応

    信頼性を求められる社会インフラに最適
    ・LTE のスモールセル(TDD / MBSFN / CoMP / eICIC)
    ・放送設備、無線基地局
    ・スマートグリッド

仕様

全般

受信衛星システムGPS L1 C/A, GLONASS L1OF, QZSS L1 C/A, SBAS L1 C/A
衛星追尾チャンネル26 ch(GPS, GLONASS, QZSS, SBAS)
受信感度GPS
衛星追尾: -161 dBm
衛星捕捉: -147 dBm

GLONASS
衛星追尾: -157 dBm
衛星捕捉: -143 dBm

*推奨アクティブアンテナ使用時
整定時間5 分
10MHz出力 (定常状態)周波数確度(24H 平均):< ± 1 × 10-12
短期安定度(ルートアラン分散[ τ =1s]):< 1 × 10-10
1PPS出力 (定常状態)1PPS 確度:< ± 50ns
1PPS 精度:< 15ns(1 σ)
10MHz出力 (ホールドオーバ)周波数確度(24H):< ± 1 × 10-9
短期安定度(ルートアラン分散[ τ =1s]):< 1 × 10-10
1PPS出力 (ホールドオーバ)1PPS 確度:< ± 1.5μs/24H
供給電圧DC 5.5V
消費電流0.5A (Typ)(5.5V、定常状態)
バックアップ電源電圧: DC 1.4 - 3.6 V
電流: 0.4 μA(Typ)(通常動作時)
動作温度-40℃ ~ +85℃
アンテナ検出ショート / オープン検出
サイズ100mm × 52mm × 20mm
プロトコルeSIP(NMEA 0183 Ver4.10 準拠)
アンチジャミングあり
耐マルチパスあり
機能外部パルス同期、状態出力信号

評価用キット

GF-8705評価用キット 型式:VF-05


マルチGNSS基準周波数発生器の性能を評価するための評価用キットです。
USBでPCと接続して通信をおこない、タイムパルス(1PPS)と基準周波数(10MHz)をSMA端子から出力します。

■付属品:GNSS アンテナ、CD(GNSS Conductor GF)、USB ケーブル


評価キットのセットアップ方法(動画)
電源とGNSSアンテナを接続するだけで簡単にご使用いただけます。

カタログほか

お問い合わせ

製品に関するお問い合わせ 新規商談、故障・修理、仕様詳細について

* 外観・仕様に関しては予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。

このページのTOPへ