GPS/GNSSモジュール

自律航法GPS受信モジュール 型式 GV-84H生産終了製品

自動車・産業市場 コンシューマ市場

GPS測位機能に加え、パッシブアンテナと慣性センサユニットを搭載し、モジュール単体で自律航法(推測航法)を実現できる、フルノハイブリッドDR(Dead Reckoning)/GPS

センサーの信号はGPS内部で演算処理され、結果はGPSで標準的なNMEAで出力されます。ナビアプリ側での特殊な処理は不要で、PNDでの自律航法を容易に実現できます。

特長

  • パッシブアンテナと慣性センサユニットを搭載し、DR(Dead Reckoning)/GPS ハイブリッド測位|が可能なGPS 受信機です。

  • 慣性センサとして, 1 軸のジャイロセンサーと3 軸の加速度センサーを搭載し、受信機単体で高精度なDR(Dead Reckoning)測位が可能です。

  • トンネルや市街地のようなGPS信号が途切れたり、乱れたりするような場所でもDR(Dead Reckoning)機能を使うことで高精度な位置情報を途切れることなく出力可能です。

  • PND(Personal Navigation Device)向けに最適です。

仕様

全般

受信衛星システムGPS L1 C/A
衛星追尾チャンネル12ch( GPS)
更新周期1 Hz
受信感度GPS
衛星追尾: -157 dBm
TTFF (Typical)ホットスタート: <3 秒(@-130 dBm)
ウォームスタート:34 秒(@-130 dBm)
コールドスタート:45 秒(@-130 dBm)
供給電圧DC 3.3V
消費電流衛星捕捉時: 57mA
バックアップ電源電圧: DC 1.8 V - 3.6V
電流: 20 μ A( Typ)
動作温度-30℃ ~+85℃
パッケージ15.0mm × 64.0mm × 5.7mm
(突起部含まず)
プロトコルNMEA0183 Ver.2.3 準拠

外寸図

カタログほか

お問い合わせ

製品に関するお問い合わせ 新規商談、故障・修理、仕様詳細について

* 外観・仕様に関しては予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。

このページのTOPへ