生産終了製品(保守サービス)について

保守サービスについては、「航海機器・無線通信機器の保守ガイドライン」(社団法人 日本舶用工業会)に基づき、外航および内航商船は、原則、生産終了後10年間を目途としております。また、漁船、プレジャー船についても、生産終了後も一定期間の保守サービスを実施しております。

いずれの機種も可能な限り保守サービスに尽力してまいりますが、すべての部品を確保することは困難な場合がございますので、ご了承いただきますようにお願い申し上げます。この際、代わりのご提案をさせていただくこともございますので、ご理解の程、宜しくお願い致します。

  1. 航海機器・無線通信機器の保守ガイドライン
  2. 保守期間終了機器リスト
    (年3回のアップデートを予定しております。2016年12月19日 更新)

 

本件に関するお問合せはこちらから

古野電気株式会社 舶用機器事業部

このページのTOPへ