• ホーム
  • システムソリューション
  • 気象観測システム
システムソリューション
沿岸モニタリングシステム 気象観測システム 航海機器トレーニング 地盤変位観測システム 事例一覧

気象観測システム

気象観測システム

世界トップシェアを誇る航海用レーダーで培ったノウハウを駆使し、企業、大学と共同研究を推進しながら気象解析ソリューションに取り組んでいます。高度防災社会に必要な局地気象予測など、小型気象レーダーを中心とした気象観測システムをご紹介します。

拡大する異常気象、高まる気象レーダーの必要性

拡大する異常気象、高まる気象レーダーの必要性

局地的短時間集中豪雨(ゲリラ豪雨)や竜巻による被害など世界的な異常気象の問題が問われる中で、河川氾濫や地すべり等の突然の災害から命や財産を守り、安全安心な社会の実現に供する局地気象予測ソリューションの提供が、社会インフラの仕組みとして急務となっています。

フルノは、気象レーダーを小型化することで、これまでは設置が困難とされてきた街中の既存建物や山間部への設置を可能にしました。合わせて、地方自治体や民間企業でも導入しやすいコストダウンを実現したことで活用フィールドを大きく広げ、社会インフラ以外に限らずさまざまな市場でも防災監視ソリューションを提供してまいります。

小型気象レーダーで拡がる活用フィールド

拡大する異常気象、高まる気象レーダーの必要性

設置事例

世界最小・最軽量級のドップラ気象レーダー

航海用レーダーでは世界トップシェアを誇るフルノが提供する、小型Xバンド 二重偏波ドップラ気象レーダー WR-2100は、6秒間隔で360°方向に50m分解能の降水強度を探知可能な超高時空間分解能を搭載。

集中豪雨をもたらす積乱雲の3次元構造とその移動や発達状況を高時空間分解能で観測することにより、局地的短時間集中豪雨(ゲリラ豪雨)をいち早く予測できます。さらに、従来に比べ大幅な小型化に成功し、Xバンド二重偏波気象レーダーでは世界最小・最軽量級を実現しています。

雨雲移動を高速に探知できる小型ドップラ気象レーダー WR-50を組み合わせることで、高精度3次元観測を低コストで実現できる、マルチレーダーシステムを提供できます。

(*) 二重偏波ドップラ気象レーダーにおける、2013年6月時点

観測例

Rainmap(標準アプリケーション)

主な機能
  • 観測結果のリアルタイム表示
  • データの取得と記録
  • 記録データの再生
  • 気象レーダーの各種設定と制御

WR-NET(オプション)※サーバーシステムが必要

  • シンプル操作でさまざまな観測がおこなえるWEBアプリケーションです。
    • 降水量
    • ドップラー
    • 過去から現在までの観測結果の一覧表示
    • アニメーション
    • カメラ

  • 降水量

  • ドップラー

  • 過去から現在までの観測結果の一覧表示

  • アニメーション

  • カメラ

製品特長

二重偏波(WR-2100)

二重偏波ドップラ気象レーダーは、水平偏波と垂直偏波を同時に送受信することで、単一偏波(水平偏波)気象レーダーで行うドップラ効果による雨雲の移動速度だけでなく、正確な降雨強度を算出することができます。
降水粒子は、大気および重力の影響を受けて横長の楕円体の形状で落下してきます。
この特徴を使って降水粒子の粒径を判別し、正確な降水強度を算出することができます。

固体化技術を採用

固体化(半導体)素子の採用により、消費電力の低減および交換部品の頻度を下げ、ランニングコストの削減を実現。さらに、多彩な信号処理が可能となり、より高精度の降水を観測することができます。

簡単かつ低コストでの設置、運用

小型・軽量化により、クレーン等の重機を使わない人力かつ短期間での設置が可能になりました。
また、家庭用電源(100V/200V)で動作するため、高い運用性はもちろん、柔軟な設置性を併せ持ちます。


  • 通常サイズのバンでの運搬

  • エレベータでの移動

  • 人力での設置

マルチレーダーシステムでの運用が可能

複数台の気象レーダーシステムを設置することで、より広いエリアを観測することができます。
また、同一エリアを複数の気象レーダーで観測することで、より高精度な観測を実現する他、1台の気象レーダーでは欠測してしまうエリアの相互補完が可能になります。

  • 観測エリアの拡大
  • 同一エリアの観測による高精度化
  • 欠測エリアの例。マルチレーダーシステムでは、他の気象レーダーにより補完が可能。

製品ラインナップ

小型Xバンド 二重偏波ドップラ気象レーダーWR-2100
小型Xバンド ドップラ気象レーダー WR-50

データ処理例

高精度3次元観測による3Dイメージ

リアルタイム3次元降雨観測 映像例
観測場所 : フルノINTセンター(西宮市西宮浜)
日時 : 2013年7月6日 20:14-20:44

降雨予測ナビゲーション 映像例
観測場所 : フルノINTセンター(西宮市西宮浜)
日時 : 2012年12月30日 10:00

お問合せ

システム詳細につきましては、下記よりお問い合わせください。

 

沿岸モニタリングシステム 気象観測システム 航海機器トレーニング 地盤変位観測システム 事例一覧
このページのTOPへ