• ホーム
  • システムソリューション
  • 気象観測システム
システムソリューション
沿岸モニタリングシステム 気象観測システム 航海機器トレーニング 地盤変位観測システム 事例一覧

気象観測システム

世界トップシェアを誇る航海用レーダーで培ったノウハウを駆使し、企業、大学と共同研究を推進しながら気象解析ソリューションに取り組んでいます。高度防災社会の実現に向けて必要とされる局地気象予測には欠かすことのできない、高性能 Xバンド小型ドップラ気象レーダーを中心とした気象観測システムをご紹介します。

気象観測システム

FURUNOから気象解析ソリューションをご提案します。

拡大する異常気象、高まる気象レーダーの必要性

局地的短時間集中豪雨(ゲリラ豪雨)や竜巻による被害など世界的な異常気象の問題が問われる中で、河川氾濫や地すべり等の突然の災害から命や財産を守り、安全安心な社会の実現に供する局地気象予測ソリューションの提供が、社会インフラの仕組みとして急務となっています。

拡大する異常気象、高まる気象レーダーの必要性

固体化技術を採用したドップラ気象レーダー

固体化(半導体)素子の採用により、消費電力の低減および交換部品の頻度を下げ、ランニングコストの削減を実現。さらに、多彩な信号処理が可能となり、より高精度の降水を観測することができます。

豪雨予測に貢献する、二重偏波ドップラ気象レーダー

二重偏波ドップラ気象レーダーは、水平偏波と垂直偏波を同時に送受信することで、単一偏波(水平偏波)気象レーダーで行うドップラ効果による雨雲の移動速度だけでなく、正確な降雨強度を算出することができます。
降水粒子は、大気および重力の影響を受けて横長の楕円体の形状で落下してきます。
この特徴を使って降水粒子の粒径を判別し、正確な降水強度を算出することができます。

豪雨予測に貢献する、二重偏波ドップラ気象レーダー

フルノが提唱する高精度3次元観察

高精度3次元観測による3Dイメージ

リアルタイム3次元降雨観測 映像例
観測場所 : フルノINTセンター(西宮市西宮浜)
日時 : 2013年7月6日 20:14-20:44

降雨予測ナビゲーション 映像例
観測場所 : フルノINTセンター(西宮市西宮浜)
日時 : 2012年12月30日 10:00

急激な積乱雲の発達による局地的短時間集中豪雨の発生を予測するためには、高い時空間分解能で気象現象を観測する必要があります。フルノは二重偏波と単一偏波それぞれのXバンドドップラ気象レーダーの小型化により、設置コストの大幅な削減に成功したほか、それらの組み合わせによるマルチレーダーシステムを容易に実現できるようになりました。
マルチレーダーシステムによる高時空間分解能3次元観測により、リアルタイムな土砂災害早期警戒情報の提供のほか、豪雨が予測される場合の避難経路や雨宿り先等の有益な情報を提供するシステムとしても期待されています。

*ページで使用されている背景地図データは、国土地理院の電子国土Webシステムから配信されたものです
*高さデータは、米国ジェット推進研究所のShuttle Radar Topography Mission (SRTM) から提供されたものです

世界最小・最軽量を実現!(*)

航海用レーダーでは世界トップシェアを誇るフルノが提供する、小型Xバンド 二重偏波ドップラ気象レーダー WR-2100は、6秒間隔で360°方向に50m分解能の降水強度を探知可能な超高時空間分解能を搭載。

集中豪雨をもたらす積乱雲の3次元構造とその移動や発達状況を高時空間分解能で観測することにより、局地的短時間集中豪雨(ゲリラ豪雨)をいち早く予測できます。さらに、従来に比べ大幅な小型化に成功し、Xバンド二重偏波気象レーダーでは世界最小・最軽量級を実現しています。

雨雲移動を高速に探知できる小型ドップラ気象レーダー WR-50を組み合わせることで、高精度3次元観測を低コストで実現できる、マルチレーダーシステムを提供できます。

(*) 二重偏波ドップラ気象レーダーにおける、2013年6月時点

観測例から見る高精度モニタリング

観測例、モニタリングイメージ

気象レーダー 製品ラインナップ

小型Xバンド 二重偏波ドップラ気象レーダーWR-2100
小型Xバンド ドップラ気象レーダー WR-50

お問合せ

システム詳細につきましては、下記までお問い合わせください。

Mail: info-wr@furuno.co.jp

古野電気株式会社  システムソリューション部

〒662-8580 兵庫県西宮市芦原町9番52号
Tel: 0798-63-1270

※上記のメールが正しく表示されない場合はこちらをクリックしてください。

 

沿岸モニタリングシステム 気象観測システム 航海機器トレーニング 地盤変位観測システム 事例一覧
このページのTOPへ