FURUNO

大間の漁師&フルノのソナー

渡辺 良吉さん

「ソナー」導入で漁獲量が倍増亡き妻に代わる“船上の良き伴侶”

 経験と勘に頼っていた魚群探索を、科学的な方法へ変換させたソナー。しかしソナーの普及によって最も変わったのは、投餌ポイントを争う「位置取り」だと渡辺さんは話す。「同じ漁師として命をかけて海にいるのだから、強引な割り込みは許し難い」。10代の頃からマグロ漁に従事してきた渡辺さんは、漁師の規律を忘れない。

全ての記事を読む

SONAR Technology for Fishermen

イメージ

 大間では最年長、68歳。決死の覚悟で2年前にソナーを導入。しかしながら、「昨シーズンは、操船や仕掛けの投入で精一杯で、ソナー操作なんて使えなかった。」と渡辺氏。しかしながら、今シーズンは、ソナーの活用法を見いだし、他の船団とは異なる漁場でマグロを狙うなどソナーの能力をフルに活用。ソナーがなかった3年前と比べ、漁獲量を2倍にアップさせた。

 渡辺氏が見いだしたのは、「あえてソナー操作をしないこと」だった。つまり、自分の経験から、最適角度にティルト(ビーム角)を合わせ、最大レンジも最適値に限定。さらに高速魚であるマグロの反応を逃さないために、前方180度探知に限定した探索を行っている。一本釣り漁師としては高齢であることと、一人での操業ということを考えればこれが最適の方法。渡辺氏の最適値は、最大レンジ150m、ティルト20度。ただ、一つだけソナーを操作するシーンがある。それは、マグロの反応を見つけ、左舷後方へ誘導する際に、表示範囲を後方探知に変えること。 表示範囲の操作は、ツマミを回すだけのごく簡単な感覚操作。渡辺氏は、PPIソナーの特徴を生かした、使いこなし術を身につけている。

イメージ