旧スプリアス規格の製品について

舶用無線設備の使用について

電波法関連法令「無線設備規則の改正」により、当社製無線設備の一部で使用できなくなる商品がございますのでご案内いたします。

無線設備規則の改正を踏まえ、スプリアス規格に関する電波法令の改正が2005年12月1日に施行されました。これにともない、2007年11月30日以前に製造された旧スプリアス規格の無線設備は、2022年12月1日以降使用できなくなります。
但し、新規格適用除外設備および2017年11月30日までに開局した無線局に設置されている型式検定機器を除く

お使いいただいている商品をご確認いただき、旧スプリアス規格の可能性がある場合は、当社窓口までご連絡ください。

なお、2022年12月1日以降に旧スプリアス規格の無線設備を使用すると、電波法違反になる場合がありますのでご注意ください。

※旧スプリアス規格の型式検定機については設置が継続する限り(免許承継も含む)使用可能

詳しくは、総務省ホームページで確認することができます
総務省の電波利用ホームページ 「無線設備のスプリアス発射の強度の許容値」

舶用電子機器に関するお問い合わせ先

古野電気株式会社 舶用機器事業部
当社および販売会社の支店・営業所: https://www.furuno.co.jp/corporate/bases/domestic/#link03

ETC車載器の利用について

旧スプリアス規格のETC車載器の利用について をご欄ください。