システムソリューション
沿岸モニタリングシステム 気象観測システム 航海機器トレーニング 地盤変位観測システム 事例一覧

小型Xバンドドップラ気象レーダー WR110

民間企業・研究機関・地方自治体等幅広いお客様に導入頂けるエントリーモデル

特長

簡単かつ柔軟な設置性
  • 小型、軽量 (ø98 cm, 65 kg)
  • クレーンなどの重機を使わない設置
  • 家庭用電源で動作
運用コストの削減
  • 送信部に固体素子を採用
    -マグネトロンを使用しないため、送信部の定期交換が不要
    -低消費電力設計(100V、200W)
  • 自己診断機能による障害の早期検知
高い可搬性を実現

搭載イメージ
  • 気象レーダーを車両に搭載し、任意のエリアで観測*
  • 方位センサーの接続が可能**
  • 輸送中の振動を軽減するダンパー**をラインナップ
    MIL-STD-810G Test Method 514.7 ANNEX C Category 4 Secured Cargo, Common carrier (US highway truck vibration exposure) Test1 に合格
  • 輸送に適した専用ケース**
* 国内免許は特定地点の運用に限る
** オプション
多様なソフトウェアに対応
  • Web アプリケーション(有償サービス)
    - PC、スマートフォン、タブレットで閲覧可能
    - 登録地点における降水量グラフ表示、アラート、短時間予測機能など
  • 主要なデータ形式に対応
    - HDF5 (Vaisala IRIS Focusを利用可能)
    - NetCDF
    - その他

仕様

偏波方式 水平偏波(H)
周波数 9.4 GHz帯
パルス幅 0.5 ~ 50 μs
パルス繰返し周波数 (PRF) ~ 2,000 Hz
ビーム幅 2.7 度
送信出力 100 W
仰角可変範囲 -2 ~ 182 度 (可変)
アンテナ回転数 0.5 ~ 10 rpm
最大観測距離 70 km
観測機能 PPI、ボリュームスキャン、セクターPPI、セクターRHI
出力データ レーダー反射因子 Zh [dBZ]、ドップラ速度 V [m/s]、ドップラ速度幅 W [m/s]、 降雨強度 R [mm/h]
補正処理 自由空間伝搬損失、降雨減衰、ドップラ速度折り返し
ドップラ速度 +/-64 m/s
不要信号除去 グランドクラッタ除去、干渉除去
対応データ形式 CF/Radial, Opera Odim HDF5, CF-compliant NetCDF (rain only) Grib2 (rain only)
動作温度範囲 -10 ℃ ~ +50 ℃
耐風速(レドーム) 90 m/s
電源 AC 100-240 V単相、 50/60 Hz
消費電力 350 W以下、200 W (Typ)

外寸図

レドームのカバー取り外しで、幅800mmの狭いスペースでも搬入可能

システム構成


カタログダウンロード

気象レーダー 製品ラインナップ

小型Xバンド 二重偏波ドップラ気象レーダーWR-2100
小型Xバンド ドップラ気象レーダーWR110

お問合せ

システム詳細につきましては、下記よりお問い合わせください。

沿岸モニタリングシステム 気象観測システム 航海機器トレーニング 地盤変位観測システム 事例一覧
このページのTOPへ