自動運航へ向けて | 船舶のデジタルトランスフォーメーション 自動運航へ向けて

技術紹介

船舶デジタルトランスフォーメーションの未来を見据えて、より高い機能を持つ製品やソリューションをご提案しています。
これまでにリリースしている 製品や研究・開発に取り組んでいる事例をご紹介いたします。

周囲状況の把握 -認知支援/見張り-

ARナビゲーションシステム

AR ナビゲーションシステムは「拡張現実(Augmented Reality)技術」を活用した船舶向けの航行、操船支援システムです。船舶の前方に向けて設置したカメラの映像をディスプレイ上に映し出し、その映像上にAR技術を用いて航行に必要な情報を重畳表示します。悪天候下や夜間など目視では確認しにくい状況でも、ディスプレイ上に自船のルートや他船情報を表示するため、ストレスの少ない操船・航行を可能にします。

映像紹介

ARナビゲーションシステムは日本海事協会の革新技術を対象とした
『Innovation Endorsement for Products & Solutions』
認証を取得いたしました。

3D Bird Viewシステム

3D Bird Viewシステムは船舶を安全に航行させるために必要な情報を仮想現実(VR:Virtual Reality)技術を使った表示することで、人間の空間把握能力を支援します。
海図情報に加え、レーダーで検知した情報やAIS情報、衝突リスク領域などを鳥瞰表示します。鳥瞰する高さや角度は自由に変更できるため、自船周辺の状況をあらゆる視点から確認が可能です。これにより、自船周辺状況を視覚的に瞬時に把握することができ、他船との衝突を避けるための航路の計画や、陸上からの監視支援を容易にすることができるようになります。

映像紹介

3D Bird Viewシステムは日本海事協会の革新技術を対象とした
『Innovation Endorsement for Products & Solutions』
認証を取得いたしました。

カメラ画像認識システム

船舶に装備されたカメラの映像から船舶の種類や航路ブイなどの物標をAIで識別する技術の研究開発を進めています。そして、カメラを使って船種やブイを識別するだけでなく、レーダーやAISの情報と比較し統合することにより、自船周辺の確実な物標検知を行い、人による見張りなしでも安心安全な自動運航の実現を目指しています。

映像紹介

ミリ波レーダー

自動運航を成功させる上では、周囲の状況をこれまでよりもより正確に把握することが非常に重要になります。ミリ波レーダーは従来の航海用レーダーよりも非常に高い周波数を使用するため、近距離の小物標や輻輳海域での船舶をより正確に探知することができます。
レーダーや可視光カメラ、赤外線カメラといった多種多様なセンサーと組み合わせることにより、天候や光環境に左右されない安定した周囲状況把握が可能です。

映像紹介

衝突回避のサポート機能 -判断支援/操船・避航-

リスクビジュアライザー™

多くの船舶が行き交う輻輳海域では、他船の動きを常にウォッチし衝突回避に努めなければならず、緊張感が高まる操船になります。フルノの新しい技術リスクビジュアライザー™は衝突回避のための革新的な機能です。

他船と接近・衝突する可能性のある領域を色付きのエリア表示で示し、操船者に注意を促します。
領域エリアの色は、危険・注意・安全などのリスクレベルを表現します。操船者の実際の操船と訓練シミュレーターを使用した操船によって得られた多くのサンプリングデータから分析、開発されたアルゴリズムにより、熟練操船者の判断と同等のリスクレベル計算が実現されています。

映像紹介

行動計画ユニット(Action Planning Unit)

行動計画ユニットは、完全自律船フレームワーク:APExS-auto (Action Planning and Execution System for full autonomous)の思想に基づいて当社が開発している自動航行システムの中心的なユニットです。

各種センサーからのデータを統合し、自船周囲のターゲット情報など正確に把握できるセンサーデータ統合機能、その結果を元に自船周囲の衝突リスクを算出、表示する機能、これらの機能からの情報を元に避航計画策定機能が避航航路を計画します。

計画された避航航路と航行中の航路計画との統合をシームレスに行い、統合後の航路に沿ってDTC(Drive Train Controller:舵やエンジン、スラスタ等を制御する機能群)を通して船体を制御し自動運航の実現を可能にします。

※日本郵船、MTI、日本海洋科学が提唱し、日本海事協会、およびビューローベリタスから基本認証(AiP)を取得した完全自律船フレームワーク。「情報収集」「分析」「計画」「承認」といった現状では主に人によって実行されている航行に関する各タスクを、高度化し自動運航を実現します。

映像紹介

離着岸の支援 -認知支援/離着岸-

離着岸支援システム

大型船では離着岸時に岸壁との接触事故がしばしば発生しています。その要因として着岸時の船員の業務が多岐にわたり負担が大きいことや、勘や経験に頼る部分が少なからずあることが挙げられています。そこで、従来は船員が目視で計測し言葉で伝達している船体と岸壁との関係を高精度に計測し、操船者に見やすく表示する新しい技術によって、離着岸の安全性向上を目指しています。

船上にカメラとLiDARを設置し、岸壁までの相対距離と相対姿勢を高精度に計測し、カメラ映像に重畳することで視覚的に状況把握できる機能の研究・開発を進めています。装備性や既存船への取り付けを考慮し、ウィングに機器を設置するだけで船首および船尾との岸壁の距離算出ができるようにアルゴリズムを組んでいます。

映像紹介

カタログ