リモート管理へ向けて | 船舶のデジタルトランスフォーメーションリモート管理へ向けて

ソリューション紹介

IoT ソリューション船内データ収集・解析

フルノ オープンプラットフォーム

FOP - フルノ オープンプラットフォーム- は、船陸間一体での船舶運航を支援する本船データ収集プラットフォームです。運航船舶の機関データやエンジンの稼働状況、積載貨物の積み下ろし状況、航海計器から得られる情報などを船舶に設置したFOPユニットに集約し、陸上のオフィスへ情報共有します。
活用事例として、船体性能の把握、本船機器のモニタリング、環境規制への対策などがあり、船体性能の把握においてはNAPA 社のアプリケーションとの連携、本船機器のモニタリングでは舶用機器メーカーとの連携、陸上ダッシュボードによる本船データの可視化を行なっています。

本船データ収集
  • 船陸間をつなぐ運航データ活用基盤。シップデータセンターとも連携
  • 最適な船内ネットワークデザインから、セキュアな衛星通信環境の構築までトータル提案
  • 約300 隻の搭載実績。他社メーカーのVDRやエンジンデータロガーにも対応
  • 他の舶用機器メーカーとの連携により多くの本船機器からのデータを集約
モニタリング・解析
専用ダッシュボードによる船体性能・運航支援の把握サービスおよびデータ解析
  • NAPA社との協業による船体性能解析サービスの提供
  • FOP Viewerによる本船位置、航海情報、燃費など本船固有の情報をフリートでモニタリング
本船機器のリモートモニタリングサービス

多くの舶用機器メーカーとの協業により、各種本船機器のデータを一元的に収集。各メーカーと共有することにより、障害発生時のダウンタイム削減、予防保全を支援します。

環境規制への対策

GHG削減に向けて必要となる本船のデータを収集、レポーティングの効率化を支援します。

● 船上・陸上を問わず各種機器、アプリケーションとの連携を行なっております。詳しくは弊社へお問い合わせください。

映像紹介

カタログ

IoT ソリューションフルノブリッジ機器の遠隔サービス

リモートモニタリング&トラブルシューティングプラットフォーム

HermAce ( ヘルムエース)は船舶に搭載されているフルノ製電子機器の稼働状況を遠隔で監視することができる集中管理プラットフォームです。
このプラットフォームでは電子機器をのデータを通して、運行中の船舶の状況をリアルタイムで24 時間, 陸上からモニタリングします。
これにより、万が一船舶や電子機器にトラブルが起こった場合に、アラート情報やトラブルへの初期対応を自動でメール通知することで陸からのサポートを可能にします。

紹介動画

ロイド・レジスター

FURUNO HELLAS S.A.(ギリシャ子会社:フルノ ヘラス)が開発したHermAce(ヘルムエース)は、英国船舶協会ロイド・レジスターのDHM(デジタル・ヘルス・マネジメント)プロバイダー要件の一つである「Digital Twin READY」( デジタルツイン・レディ)認証を取得しています。
英国船舶協会ロイド・レジスターによる認証はFURUNO HELLAS S.A.(フルノ ヘラス)が初めてで、Digital Twin(デジタル・ツイン)を開発・展開・監視・保守できると認められた業界初のDHM(デジタル・ヘルス・マネジメント)プロバイダーになります。

ICT ソリューション通信回線サービス・システム提供

セーフコムネット

通信の環境整備において、各種回線の提供および必要な各種機器の提案、販売を行なっております。VSAT(Ka/Ku バンド帯サービス)としては主要なプロバイダーから提供されるラインナップを取り揃え、最適なプランを提供可能です。
各種サービスに適応したアンテナおよび衛星通信環境構築に必要なFirewall やSwithing Hub なども提供します。

ICT ソリューション船内ネットワーク構築

船内LANネットワークエンジニアリング

舶用電子機器メーカーとしての長年の知見と、衛星通信事業で培った船舶特有のネットワークに関する知見や経験を生かして、システムインテグレーターとして、お客様のICT/IoT環境をより快適にそして最適にするサービスを提供します。