GPS/GNSSアンテナ

時刻同期用マルチGNSSアンテナ 型式 AU-500/AU-300 NEW

(AU-500/AU-300)

堅牢性を追求したデュアルバンド受信のAU-500と、コストパフォーマンスに優れたシングルバンド受信のAU-300

天候、妨害波、設置条件が過酷な環境においても、GNSS受信機が本来の性能を発揮できるようデザインしており、サービス停止が許されない5Gモバイル基地局、テレビ放送、PTPグランドマスター、各種業務用無線など重要インフラに安心・安全を提供します。
AU-500はL1とL5に対応したデュアルバンドアンテナ、AU-300はL1のみに対応したシングルバンドアンテナです。

タイミング市場

特長

  • 全世界のGNSSに対応(L1帯、L5帯) *L5帯はAU-500のみ

    米国のGPS、ロシアのGLONASS、欧州のGalileo、中国のBeiDou、日本のQZSS、各国のSBASに対応。
    2周波受信のAU-500はインドのNavIC(L5)の受信にも対応しています。
    堅牢性を求められる重要インフラや、グローバルに展開する5Gモバイル基地局やネットワーク機器に最適です。

    型式 受信衛星
    L5バンド
    GPS, Galileo, BeiDou, QZSS, NavIC
    L1バンド
    GPS, Galileo, GLONASS, BeiDou, QZSS, SBAS*
    AU-500
    AU-300
    AU-217 〇(BeiDouを除く)
    *SBAS: MSAS, WAAS, EGNOS, GAGAN など
  • グランドプレーン一体型で高い対候性(IP67準拠)

    本体正面をドーム型構造、本体下面をグランドプレーン兼用とすることで、積雪を防ぎつつ受信感度の向上を図り、同時に干渉やマルチパスの影響を軽減します。
    また、IP67に準拠した防水・防塵仕様の高品質ポリマー製レドームを装備。過酷環境を模擬した品質試験を実施しており、雨・雪・海水・紫外線・化学物質・ガスからアンテナを長期間保護することを検証済みです。
  • IEC61000-4-5に準拠した雷対策、ノイズフィルタ内蔵

    IEC61000-4-5に準拠した雷対策により雷サージからアンテナを保護します。
    ノイズフィルタも内蔵しており、4G/LTEモバイル基地局による1.5GHz近傍の妨害波を効果的に除去します。
  • 高い防水性

    リング周辺の構造を見直し、防水性を高めました。
    浸水などによるフィールドトラブルの抑制に貢献します。
  • TNCコネクタでの接続

  • GNSS受信機GT-100/9001/90との組み合わせで最高の堅牢性

    AU-500はフルノ製GNSS受信機GT-100と、AU-300はGT-9001/90との組み合わせでそれぞれ最高の性能を発揮します。
    重要インフラで求められる時刻精度と堅牢性は、 デュアルバンド受信、マルチパス対策「ダイナミック・サテライト・セレクション™※」、アンチジャミング機能のように受信機だけで対応することもできますが、高性能なアンテナと組み合せることでより一層効果を高めることが可能です。

    ※ NTTが考案したアルゴリズムに基づく耐マルチパス技術

    時刻同期用GNSS受信機GT-100/GT-9001/GT-90

  • 建造物にしっかり固定する取付補助具(オプション)

    GNSSアンテナを正しく取り付けることで、GNSS受信機が本来の性能を発揮し、受信不良を防ぐことにもつながります。

    AU-500/AU-300用のアンテナ取付補助具 AFB-01

  • GNSS受信機を雷サージから保護する同軸アレスタ(オプション)

    インフラなど、運用を止めることが許されない環境にはオプション品の同軸アレスタをお使いいただくことで、アンテナ単体の雷対策のみならず、GNSS受信機を雷サージから保護することができます。
    TVA-03C/TVA-03Vは直撃雷サージ・誘導雷サージに対応し、適切な接地を施すことで最高の雷サージ保護性能を発揮します。

    同軸アレスタ(TVA-03C/TVA-03V)


    技術資料「サージ保護デバイスの設置方法と試験結果」とあわせてご覧ください。
    【概要】直撃雷用(型式:TVA-03C)と誘導雷用(型式:TVA-03V)を例に、その設置方法と、雷インパルス試験の結果をご紹介

    ダウンロードフォーム

仕様

全般

受信衛星システム
L1: GPS L1C/A, GLONASS L1OF, Galileo E1B/E1C,BeiDou B1I /B1C, QZSS L1C/A, SBAS L1C/A
L5(AU-500のみ): GPS L5, Galileo E5a, BeiDou B2a, QZSS L5, NavIC L5
周波数帯域
L1: 1558 ~ 1606 MHz
L5(AU-500のみ): 1164 ~ 1189 MHz
偏波
右旋円偏波
アンテナ部利得
≧4dBi(ピーク利得)
≧2dBi(帯域内)
出力インピーダンス
50 Ω
プリアンプ利得
40dB ± 2dB
雑音指数
≦2.5dB
帯域外減衰
fo= 1176.5MHz(AU-500のみ), 1582MHz
fo ±50 MHz: ≦-50 dB, fo ±100MHz: ≦-70dB
VSWR
≦2.0 (@LNA output)
供給電圧
DC 2.5 – 12V
消費電流
AU-500: ≦ 40 mA
AU-300: ≦ 20 mA
動作温度
-40 ~ +85℃
保存温度
-40 ~ +85℃
動作湿度
20 ~ 90% RH
防水性
IP67
耐衝撃(雷)
±4kV, IEC 61000-4-5
寸法
φ110mm×H104mm
質量
AU-500: 300 ± 15g
AU-300: 220 ± 10g
コネクタ形式
TNC (J)

外寸図

アンテナ設置ガイド

GNSSアンテナ設置時に必要な3つのポイント

GNSSアンテナを設置する際には、GNSS受信機のアンテナ仕様を満たすよう、同軸ケーブルやアンプなどの部材を選定します。
また、受信機~アンテナ間の電波遅延を考慮する必要もあります。
本資料では、GNSS受信機メーカーの視点で、必要項目の計算方法を具体例と共にご説明しています。

  • 総合利得
  • 総合NF
  • 同軸ケーブルによる電波遅延

GNSS受信機を初めて使われる方には特に参考となります。
複雑な計算式につき、資料ダウンロード特典として「総合利得」「総合NF」計算Excelも準備しました。
フォーム入力で資料・計算Excelともにダウンロードいただけます。

ダウンロードフォーム

オンライン購入

本製品は、電子部品商社の岡本無線電機株式会社が運営する通販サイト「E-JUNCTION」からもご購入いただけます。同サイトではGNSS受信機やGNSSアンテナ、各種評価キットなどを取り扱っております。

アンテナと、アンテナ設置に必要な周辺機器の純正セットもラインナップ。アンテナ変換ケーブル、取付補助具、雷対策用の同軸アレスタ(SPD)などが一式揃います。お客様の部材選定の手間を減らし、重要インフラでも安心してお使いいただけます。

  • GNSSアンテナAU-500周辺機器セット(L1/L5 受信)はこちら
  • GNSSアンテナAU-300周辺機器セット(L1受信)はこちら

お支払い方法(詳細はE-JUNCTIONサイトをご確認ください)

  • 商品代引
  • 銀行振込
  • 掛け取引(法人様のみ)

E-JUNCTION

正規代理店が運営するE-JUNCTIONのサービス・サポート情報はこちら

* 外観・仕様に関しては予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。