魚群探知機

低周波グラフ魚探 型式 FCV-38 NEW

深場探知&荒天時でも安定した探知ビームで魚群を掴む!

漁船 官公庁船
デジタルフィルター 自動感度/レンジ調整 ブラックボックスタイプ(モニター別売)

関連コンテンツ

特長

  • 最大5方向の同時探索を可能にする多方向ビームシステム

    FCV-38は一度に最大5方向同時にビームを送信、探知することが可能です。自船を中心に前後左右の海中の様子を探索できるため、魚群の密集状況がよくわかります。ビーム方向は自船周囲360°、ティルトは0°~20°まで設定可能で、狙った方向にビームを調整できます。


    5ビーム送信の場合、メニューから3種類のスプリットビームモード(交互送信/半同時送信/同時送信)をニーズにあわせて自由に設定することが可能です。3種類のうち半同時送信モードは、ビーム間の干渉を制限することで同時送信モード使用時よりも海底を識別しやすくした新しい設定になります。また、5方向ビームでは送信のタイミングを加速するようにあらかじめ最適化されています。




    ※本モードでは画面描画は速くなりますが、不要なエコー(誤った海底エコー)が表示される場合があります。
  • 安定した探知を実現する「ビームスタビライズ機能」※

    船体の横揺れによる映像の乱れを補正

    荒天時の船体の横揺れによって映像表示にも乱れが発生し、魚のサイズ測定にも悪影響を及ぼします。FCV-38では、フルノ 独自のビームスタビライズ技術によってビーム角を自動的に直下へ向かうように補正します。振動子の送信ビームと受信ビームそれぞれを独立して安定させることができるため、追尾中の魚影を逃さず安定した映像表示が可能です。




    ※  動揺センサー標準搭載

     
  • 単体魚の分布状況が一目でわかる魚体長グラフ表示機能

    映像上で選択したエリア内の魚体長を測定し、一目でわかるグラフで情報表示します(最大3カ所を同時測定可能)。また、スプリットビーム技術によって魚体長測定の精度が向上していることに加え、グラフ表示では測定エリア内の魚の平均サイズや、最も割合の多い魚体長(ピーク値)を表示することが可能です。

    対象となる魚群のサイズ、量、動きを分析することでより効率的な操業に貢献します。また、魚体長計測機能は水産資源の保護や管理、研究にも役立ちます。

    ※ 魚体長は反射強度から計算された値になります




    魚体長計測には、ターゲットを追跡するのに役立つ便利な機能があります。

    【自動深度】設定
    魚のエコー反応が計測マーカー範囲外にある場合、より多くのエコーが検出されるエリアへと計測マーカーの深度位置が自動的に移動します。

    【自動範囲】設定
    計測マーカーは自動的に単体魚数が多いエリアへ移動し、新たな計測範囲が自動的に作成されます。




        
  • 海底拡大画面を別ウィンドウで表示

    拡大画面モード、海底直線拡大・海底追尾拡大・マーカー拡大・判別拡大の画面は別ウィンドウで表示することが可能です。ウィンドウフレームをお好みの大きさに変更でき、配置場所も自由に設定できるため、海底や魚影を拡大して確認する際にとても便利な機能です。拡大表示範囲は2m〜200mで、従来機より広い範囲を表示できるようになりました。


     
  • 静止画、エコーデータの収録・再生が可能

    静止画は内蔵メモリーへ最大99枚、外部記憶媒体へはその容量に応じた枚数を保存することができます。エコーデータ(動画)については500GB以上の外部記憶媒体へ保存可能です。保存したデータはインスタントアクセスバーTMから簡単に再生操作できます。


    ※ オプション手配
  • 簡単で迅速な操作性

    トラックボール操作により容易でスピーディーな操作が行えます。フルノ 独自のメニュー画面インスタントアクセスバーTMでは必要な操作に素早くアクセスでき、お好みに応じてメニューアイコンを設定することが可能です。画面のヘッダー部分にはレンジ・シフト・感度・画像送り・表示モードがあり、メニューツリーに入ることなく変更したい部分をクリックするだけで設定の変更が可能です。



    ※ インスタントアクセスバーTMは最大10個のアイコンを設定できます。
  • 資源管理に貢献!研究者向け魚探データフォーマット出力

    資源管理型漁業への転換が進む中、研究者向けに水産資源調査用にnetCDF4形式の魚探フォーマット出力が可能です。このフォーマットは今後、国際標準化される見通しです。魚の資源評価の際などに役立ち、いくつかの研究機関ではこの標準フォーマットデータを活用しています

    ※ 詳しくは営業員へお尋ねください。
  • 較正機能を搭載

    音響資源調査には必須である較正機能がより高精度になりました。また、データの取得状況を視覚的に把握しやすいインターフェイスを新たに搭載し、較正機能の操作性も向上しています。

構成品

標準品

  • 制御部 CV-380
  • 送受信装置 CV-382
  • トラックボール操作部 RCU-026
  • 送受器 CV-303
  • キングストン TFB-1600
  • 工事材料/付属品/予備品

オプション品

  • 接続箱 CV-304-10/20/50 10/20/50m ケーブル付き
  • 整流器 RU-1746B-2
  • AD-DC電源ユニット PR-241
  • HDMIケーブル(制御部ー表示部用)
  • ケーブル組品(制御部ー表示部)
  • DVI/USBリピータ
  • イーサーネットハブ HUB-101
  • フラッシュマウント OP24-27(トラックボール操作部用)
  • 分割船底板キット
  • 工事材料

系統図

カタログほか

* 外観・仕様に関しては予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。