世界一周への挑戦 ダブルハンドヨットレース “GLOBE 40”。夢の達成に向けて日々チャレンジを続けるチームMILAIの記録。 世界一周への挑戦 ダブルハンドヨットレース “GLOBE 40”。夢の達成に向けて日々チャレンジを続けるチームMILAIの記録。

Trip Log 毎週更新中

挑戦する勇気と強い想いがあれば、夢を実現できる
チームMILAIの思いに共感し、応援しています。

私たちFURUNOは一番の応援団として、世界一周という夢の達成に向けて、
日々困難を乗り越えるチームMILAIの姿をより多くの人に届けたいと思います。
この挑戦を、私たちと一緒に応援していきましょう。

©Anne Beaugé-Ilsaimentlamer.com

GLOBE 40

GLOBE 40 は世界一周ダブルハンドヨットレースです。
2022年6月にタンジェ(モロッコ)をスタートし、8レグ(区間)に分かれ、世界7箇所の港を巡る総距離55,000Kmの大冒険です。

LEGコース PROLOGUELorient

Tanger
LEG 1Tanger

Cap vert
LEG 2Cap vert

Mauritius
LEG 3Mauritius

Auckland
LEG 4Auckland

Papeete
LEG 5Papeete

Ushaia
LEG 6Ushaia

Recife
LEG 7Recife

Grenada
LEG 8Grenada

Lorient
距離(海里) 966 1894 7725 6923 2710 5062 3595 2150 3366
出発日 2022/6/11 2022/6/26 2022/7/17 2022/9/11 2022/10/27 2022/11/26 2023/1/5 2023/2/6 2023/2/26
到着予定日 2022/6/17 2022/7/6 2022/8/20 2022/10/7 2022/11/9 2022/12/17 2023/1/22 2023/2/15 2023/3/15
日数 6 10 34 26 13 21 17 9 17

Trip Log

世界一周の海の旅、未知の世界へ飛び出そう。

険しい嵐の日もあれば無風の日、そして海鳥、魚、満点の星空など、レースの間に洋上でしか体験できないシーンやエピソード。
各レグごとの寄港地での新たな出会いや発見など・・・
普段の生活では味わうことができない日常がそこにはあります。
チームMILAIと共に世界一周をお楽しみください!

MILAI TEAM MEMBERS

人はなぜ挑戦するのか。
それは誰も見たことがない景色を見るためなんだろう。

誰よりも遠く、誰よりも高く、誰もより深く、あくなき探求心で世界に挑む。
FURUNOはそんな人を支え、応援したい。FURUNOは挑戦する人と共にある。

  • 鈴木 晶友 日本 スキッパー(船長)

    大きな夢である、ヨットでの世界一周をGlobe40でいよいよ実現することができます。レースで良い成績を目指すことはもちろんですが、世界一周を達成(完走)することを最大目標に1マイルづつ楽しみながら30,000マイルを走り切ります!

    幼少期にセーリングを始め、全日本選手権、世界選手権などで実績を積む。
    大学卒業後は(株)日立ソリューションズに就職するも、幼少期に芽生えた外洋への憧れを忘れられず退職。Mini Transat 2019 (単独大西洋横断ヨットレース)達成を通して叶える。
    ”世界の海を見てみたい”新たなる野望をGlobe40の活動に託す。

    主な戦績
    • ・全日本インカレ優勝
    • ・国民体育大会入賞
    • ・全日本モスクラス選手権準優勝
    • ・ミニトランザット完走(日本人2人目)
    • ・ジャパンカップ選手権3位
  • 中川 紘司 日本 チームオーナー/ Coスキッパー

    コロナもありスタートが1年延びました。
    その分、しっかりと安全且つ速く世界一周できる準備がおこなえました!頑張ります!

    オプティミストからセーリングを始め、現在はキールボートでレースからクルージングまで楽しむ。
    鈴木をミニトランザット時から応援し続ける。自身の夢の一つである外洋レースへの参加をGlobe40で叶えるべく特訓中。
    株式会社PhoneAppli 取締役副社長。

    主な戦績
    • ・全日本レーザーラジアル選手権ユース優勝
    • ・国民体育大会3位
    • ・1998年レーザーラジアル 日本代表
  • アン・ボージ フランス Coスキッパー

    Our challenge has finally started! I have a wonderful sailing experience while feeling a lot of nature.

    本職であるカメラマンの仕事がきっかけで、2014 年にセーリングと出会う。その後本格的にセーリングを始め、猛特訓の末Mini Transat 2019 完走。
    並外れの根性と、セーリングセンス、そして素晴らしい写真は多くのセーラーに影響を与え、いま注目されているセーラーのひとり。

  • アンドレア・ファンティーニ イタリア Coスキッパー

    Globe 40 is a tough challenge, a fantastic way to sail around the world. I am happy and I feel lucky to be part of Milai’s team which is made by great guys and sailors.

    幼少期よりアドリア海でセーリングを始め、2006 年に初の大西洋横断を達成。VOR70マセラッティーチームで世界を転戦した後に、ショートハンド セーリングに転向。2018年に単独大西洋横断ヨットレース ”ルート・デュ・ラム に、イタリア人唯一のセーラーとして出場。
    16回の大西洋横断をはじめ、インド洋や太平洋での経験も積み重ね、 Globe40 では最も過酷とされる Leg2 ( カーボ・ベルデ モーリシャス)と Leg3 (モーリシャス オークランド)に乗船する。

  • エステル・グリック フランス Coスキッパー

    The Globe40 will allow us to discover magnificent ports of call and will allow us to go sailing in places we are not used to.

    小学校のサマースクールをきっかけにセーリングをはじめ、オプティミスト、420 、カタマランディンギーでセーリング経験を積む。旅客船のクルーとして仕事をしながら、ミニトランザットへの準備を進め、Mini Transat 2017 に出場。旧型の Pogo2 で上位フィニッシュを達成した。
    2018年から鈴木のミニトランザット チャレンジをコーチングし、鈴木にとって外洋セーリングで信頼できるセーラーのひとり。

  • ルカ・ロゼッティ イタリア Reserved Coスキッパー

    A great opportunity to do experience and have fun on a super boat. I really enjoy go sailing on Milai with Suzuki.

    6歳の時にセーリングと出会い、ディンギーを中心に多くの大会に出場した。2016年に初めてオフショアレースに参加し、外洋の魅力に取りつかれ、Mini Transat 2019 に出場(18位)。
    2019年の経験を活かし、 Mini Transat 2023 に向けて 上位を目指して活動している。活動の幅を日遂げるために、Class40 でもセーリング経験積み、今回、MILAI のリザーブメンバーとして参戦することとなった。