サテライトコンパス™ (GPSコンパス)/ヘディングセンサー

サテライトコンパス™ 型式 SCX-20 NEW

業界初! 4アンテナ内蔵方位センサー
コンパクトなアンテナ設計で装備性に優れたマルチGNSSサテライトコンパス

プレジャーボート 漁船 官公庁船
NavNet接続可能機器 CAN bus NMEA2000 認証

特長

  • 4つの独立したGNSSアンテナを内蔵

    従来、サテライトコンパス™は2アンテナ間のベースライン(基線)を使用し方位を計算します。4アンテナ内蔵のSCX-20/21は6つのベースラインを使用することで、小型でありながら安定性のある高精度な測位データを提供。また、マルチパスに対するロバスト性の向上により装備場所の制限を緩和しました。

  • 標準ユニット構成

    標準構成にはルーフマウントキット又はポールマウントキットが含まれます。
  • NavNetシリーズからの詳細設定が可能

    NavNet TZtouch3および、NavNet TZtouch2(V6.01)からSCX-20の詳細設定が可能です。

  • インスツルメントFI-70に 新規画面を追加

    SCX-20と接続することで 様々な情報を取得できます。

    表示例(FI-70)
  • 信頼性の高い測位データを提供

    SCX-20/21はフルノ独自のアンテナコア技術により、動揺に強い安定性を備え、豊富な情報出力を可能にしたサテライトコンパスです。
    レーダー、魚群探知機、ソナー、オートパイロットなど、様々な装備機器のパフォーマンス向上に寄与します。

     
    RADAR 真エコートレイル
    SCX-20/21をレーダーに接続することで、レーダー画面上の動態を尾引きで表示することができます。他船の動向が素早くチェックできるので、自船周囲の状況把握に有効です。SCX-20/21が提供する高精度の測位情報により、滑らかなエコートレイル表示が可能です。
    魚群探知機との接続
    サテライトコンパスが検知した自船の上下動(ヒービング)情報を魚群探知機へ提供することで、海底形状を正しく表示します。海底や魚群反応の波打ちを解消します。

    自船の上下動補正
    SONAR 動揺補正機能

    自船の動揺(ピッチ&ロール)を高精度に検知します。これにより時化の時でも狙った反応を逃すことなく、瀬や魚群の安定した探知が可能となります。

    オートパイロットとの接続
    安定した船首方位を提供し、更に安心、安全な自立航行を実現します。

仕様

全般

受信周波数
1575.42 MHz(GPS/Galileo/QZSS/SBAS)
1602.5625 MHz(GLONASS)
受信コード
C/A コード(GPS/QZSS/SBAS)、E1B(Galileo)、L1OF(GLONASS)
方位精度
ヘディング/ロール/ピッチ
1.0° rms(静止時)、0.5° rms(動揺時)
追従速度
45°/s
静定時間
約60 秒
測位精度 (2drms)
GNSS: 約5 m(2 drms、HDOP<4)
MSAS: 約4 m(2 drms、HDOP<4)
WAAS: 約3 m(2 drms、HDOP<4)
インターフェイス
NMEA2000:1 ポート
使用温度範囲
-25℃~+55℃(保存温度:-30℃~+70℃)
防水性能
IP56
電源
DC12-24 V: 0.2-0.1 A
LEN:4 @9 V (SCX-20のみ)

構成品

標準品

  • サテライトコンパス (ポールマウントキットまたはルーフマウントキット選択)
  • 工事材料

オプション品

  • ●ケーブル組品 ●直型アンテナベース ●コネクタ(NMEA)
    ●ルーフマウントキット※1 ●ポールマウントキット※1
    ●マスト取付金具※1 ●ホースクランプ(大) ●鳥除け
    ●積雪カバーキット
    ※1:装備場所やシステム構成に応じた適切なキットを選択

外寸図

系統図

よくあるご質問

QSCX-20 とSCX-21の違いは何ですか?
ASCX-20はNMEA2000専用機、SCX-21はNMEA0183専用機です。
接続する機器、ユニットのデータフォーマットにあわせてお選びいただけます。
Q他機種の接続の際、SCX側のケーブルはコネクタではなくバラ線でしょうか?
ASCX-20はNMEA2000両端コネクターケーブル(NMEA2000)のケーブルを使用します。
Qルーフマウントを用いて装備した場合、マルチパスの影響は受けませんか?
Aルーフマウント、ポールマウントの装備形態に関わらず、周囲の環境によってマルチパスの影響は変化します。
Q内蔵アンテナは4つですが、仮にひとつのアンテナが故障した場合、受信できなくなりますか?
A内蔵アンテナ3つでも受信できるよう独立設計しております。仮に3つアンテナ故障した場合、方位は出せませんが位置に関しては動作いたします。
Qレーダーやプロッタといった他機器に接続する場合、接続用のケーブルはオプションですか?
ASCXとしてはバラ線ケーブルのみ供給となっており、接続機器側のオプションケーブルをご使用ください。
Qプログラムの書き換え等でSCX-20をSCX-21に変更可能ですか?
ASCX-20とSCX-21は同一プログラムで動作します。
ただし、SCX-20とSCX-21はコネクタ等ハードウェア構成が若干異なり、また、SCX-21のMAINボードにはCAN-IDが書き込まれておりませんので変更はできません。

* 外観・仕様に関しては予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。