コラム

時刻同期用GPS/GNSSアンテナの選び方と注意点

  • タイミング市場

時刻同期用GPS/GNSS受信機を内蔵する製品を使用の際には、GPS/GNSSアンテナと周辺機器を適切に選び、設置していただく必要があります。故障やトラブル無く、長期にGPS/GNSS受信機をお使いいただくために、GPS/GNSSアンテナの選び方と設置の注意点を解説します。

GPS/GNSSアンテナの選び方

GNSS受信機に合ったものを選ぶ

GPS衛星とGLONASS衛星など、受信したい衛星や信号の種類によって周波数帯が異なります。たとえばGPS衛星のL1信号は1.57542 GHz、GLONASS衛星のL1信号は1.602 GHzです。
GNSS受信機が対応する衛星システムや信号の種類をご確認のうえ、それらを受信できるGNSSアンテナをお選びください。

使用環境に合ったものを選ぶ

衛星の電波はとても微弱です。他の無線システムのアンテナ近傍など、ノイズが多い環境にGNSSアンテナを設置する場合は、ノイズフィルタ内蔵のアンテナがおすすめです。
アンテナの形状についても、積雪の多い地域に設置する場合は、雪が積もりにくい形状のアンテナをおすすめします。
また、GNSSアンテナは空が見渡せるオープンスカイ環境への設置を推奨しており、屋上などに設置するケースも多いです。雷サージへの対策が必要な場合は、避雷器もセットでご検討ください。

GPS/GNSSアンテナ設置の注意点

アンテナケーブル(同軸ケーブル)の長さ、分配

GNSSアンテナはビルの屋上に設置し、GNSS受信機は屋内に設置するような、アンテナと受信機間の距離が長い場合には、信号の減衰を考慮する必要があります。アンプ(信号増幅器)を使用することもご検討ください。
また、1つのGNSSアンテナの信号を複数のGNSS受信機で使用する場合には、専用の分配器をご使用ください。

アンテナの固定、防水処理

GNSS衛星からの信号を良好に受信するには、設置場所は空が開けた屋外が理想的です。アンテナは専用の取付補助具を用いてポールなどに固定してください。
また、GNSSアンテナ自身が防水仕様であっても、同軸コネクタの接続部は防水仕様ではありませんので、自己癒着テープなどで防水処理をしてください。

参考資料

GNSSアンテナ設置手順書

フルノのGNSSアンテナを例に、設置に必要な取付金具や設置手順を写真付きで解説した資料です。
ダウンロード(ドキュメント、ソフトウェア)へ

GNSSアンテナ設置時に必要な3つのポイント

GNSSアンテナを設置する際には、GNSS受信機のアンテナ仕様を満たすよう、同軸ケーブルやアンプなどの部材を選定します。また、受信機~アンテナ間の電波遅延を考慮する必要もあります。本資料では、GNSS受信機メーカーの視点で、必要項目の計算方法を具体例と共にご説明しています。
・総合利得
・総合NF
・同軸ケーブルによる電波遅延

GNSS受信機を初めて使われる方には特に参考となります。
複雑な計算式につき、資料ダウンロード特典として「総合利得」「総合NF」計算Excelも準備しました。
フォーム入力で資料・計算Excelともにダウンロードいただけます。
GNSSアンテナ設置ガイド ダウンロードフォームへ

雷サージ耐性を強化する「サージ保護デバイス」の設置方法と試験結果

GNSS受信機向けのサージ保護デバイス(SPD)には
・アンテナなどに直接発生する直撃雷用
・落雷によって発生した磁界により誘導されて発生する誘導雷用
があります。
上記2種類のSPDを組み合わせることで、雷サージ耐性はより強化されます。

弊社の直撃雷用SPD(型式:TVA-03C)と誘導雷用SPD(型式:TVA-03V)を例に、その設置方法と、雷インパルス試験の結果をご紹介します。
近年の異常気象で、雷サージへの対策が重要性を増しています。
下記フォーム入力で本資料をダウンロードいただけます。
雷サージ資料のダウンロードフォームへ

オンライン購入、貸出し

オンライン購入

フルノのGNSS受信機やアンテナ、各種評価キットは、電子部品商社の岡本無線電機株式会社が運営する通販サイト「E-JUNCTION」からもご購入いただけます。

お支払い方法など、詳細はE-JUNCTIONサイトをご確認ください。
・商品代引
・銀行振込
・掛け取引(法人様のみ)

E-JUNCTION

「TB-1」無料貸出し

時刻同期用GNSS受信機を試してみたいお客様向けに、ナノ秒オーダーの時刻情報やタイミング信号と原子発振器並の高精度な周波数が簡単に得られるフィールド・タイムシンク・ジェネレーター「TB-1」を無料貸出ししております(法人様限定)。

貸出申込みフォーム

ピックアップ

コラム一覧

フルノコラム

科学技術ライター 喜多充成氏